• きもち・しぐさ
  • 2020/01/23

犬が仰向けになった時の気持ちとは?

Photo

犬が仰向けでお腹を出して寝ている姿は可愛いものです。 犬を飼っている方なら、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか? ところで、犬が仰向けになるのはどんな気持ちなのでしょうか? また、仰向けになることに意味はあるのでしょうか? 今回は、そんな犬の気持ちの理解とともに、仰向けに慣れさせるしつけについて解説していきます。

1.犬が仰向けになるのはなぜ?

Photo

1) 安心しているとき 犬だけでなく、動物は無防備にお腹をさらけ出すことは弱点である場所をさらす事になり大変危険であるため、ほぼしないことです。 しかし、信頼している飼い主さんのそばにいるときや、安心できる家の中では危険性がないため、安心してお腹を出した仰向けの状態で寝ているのです。 2) 恐れを感じているとき 上記とは逆で、相手が優位に立っている時に見せる仰向けの姿勢です。 相手に恐怖感を感じたとき、お腹を見せて「降参しました」というメッセージを伝えているのです。 3) 触ってほしいとき 飼い主さんに対する甘えのポーズとして、仰向けになってお腹を見せてきます。 これは、飼い主さんを完全に信頼していて弱点であるお腹を見せてくるのです。 お腹を見せた時に飼い主さんがなでてくれた記憶が残っており、繰り返し仰向けの行動を見せる犬は多いようです。

2.犬を仰向けに慣れさせておくしつけのすすめ

Photo

犬が仰向けになるのには、さまざまな意味があることが分かりました。 では、犬を仰向けに慣れさせておくことで得られるメリットについて解説します。 さきほどもお話したとおり、基本的に動物は、仰向けになってお腹を見せることはしません。 しかし、犬を飼っていく上でお腹を含め、体のあちこちを触らなければならないタイミングはいくらでもあります。 例えば、動物病院で身体を触診するとき、爪切りなどのお手入れ、普段は見えないお腹周りのチェックをするときなどです。 仰向けにされて触られることが怖いという感情がないため、スムーズに行うことができます。 コミュニケーションとしても活用することができるので、本来なら嫌がる仰向けの姿勢に子犬の頃から慣れさせるよう躾けることは大切と言えます。

Photo

momo0530

アウトドア大好きの女性ライターです。 趣味として、登山・キャンプ・旅行・映画・ガーデニングを楽しんでいます。 長時間勤務で体調を崩したことをきっかけに会社を退職し、現在はライターとして独立できるよう奮闘中。 役に立つ記事をお届けできるように心がけています。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。