• 幼犬・仔犬
  • 2020/01/15

子犬をブリーダーから購入するメリット4選

Photo

子犬をブリーダーから購入する場合、いくつかのメリットがあります。 特に子犬の値段が安いことや、好みの犬種を選べることは大きな魅力です。 最近はブリーダーに直接電話をするだけでなく、サイトから身近なエリアにあるブリーダー探しもできます。

1. 子犬をブリーダーから購入するメリットとは

Photo

1) ペットショップより子犬の販売価格が安い ペットショップはブリーダーから子犬を購入し、手数料をかけて販売しています。 ブリーダーから直接購入できれば、安く子犬を迎えることも難しくありません。 もちろん、血統書付きの犬であれば雑種より値段は高くなります。 ただし、安いだけでは育成環境が不安です。 良質なブリーダーだけとは限らないため、気をつけて子犬を探しましょう。 安さだけでなく、子犬の育て方や犬舎の環境も見ながらブリーダー選びをするのが大切です。 2) 特定の犬種を取り扱っている ペットショップでは、さまざまな種類の子犬を少しずつ取り扱っています。 同じ犬種であっても、個体によって性格や雰囲気は違うでしょう。 欲しい犬種が決まっていて、その中から自分に合った子犬を見つけたいときはブリーダーがおすすめです。 ブリーダーによっては複数の犬種を取り扱っているケースもあります。 求めている犬種を扱うブリーダーを選びましょう。 3) 優良ブリーダーなら血統のよい子犬が買える 特定の犬種を扱うブリーダーは、大会で入賞歴のある犬を繁殖していることが多くなっています。 見た目や頭がよく、血統のよい犬が欲しいときはブリーダーがぴったりです。 ブリーダーによって目的は異なるため、血統のよい犬が欲しいときは評判などをチェックしておきましょう。 4) ブリーダーを集めたサイトで自分に合った犬舎を探せる 大きな犬舎であれば公式サイトを運営していることもありますが、一度にブリーダーを探したいときは「ブリーダーの検索サイト」がおすすめです。 近くにあるブリーダーや、好みの犬種を取り扱うブリーダーを探せます。

おわりに

Photo

ブリーダーからの購入はペットショップからの購入よりも良いところがあります。 ペットショップとブリーダーのメリットとデメリットを見極めて、どちらで購入するか決めましょう。

Photo

Rion

女子向け記事、動物系などその他幅広くちょこちょこ執筆しています。 普段は事務業に勤しんでいる30代女性です。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。