• お世話と身だしなみ
  • 2020/01/27

犬がトイレを急に失敗する原因を解説

Photo

今までちゃんとトイレをできていたのに、急に犬がトイレを失敗するようになった…。 なぜ?どうして?と困ってしまいますよね。 犬がトイレを失敗するのは、ある理由が隠されていることがほとんどなんです。 犬がトイレを失敗し始めたときにみて欲しい、失敗の原因を徹底解説します。

1. 飼い主の気を引きたいから

Photo

犬がトイレを急に失敗する理由は、飼い主の気を引きたいと思っていることもあります。 犬が飼い主の気を引きたいときは、飼い主が構ってくれなくなったときや、飼い主の様子がおかしいときに多くみられます。 飼い主の様子がおかしいときというのは、仕事などで落ち込んで帰ってくることが多かったり、イライラすることが多い場合。 犬は飼い主の気持ちや様子を敏感に感じ取ってくれます。 「最近ご主人の様子がなんか変…」と犬自身が思うと、急にトイレを失敗するようになるのです。 トイレを失敗することで飼い主の様子を自分の力で確認しようとするんですね。 もし犬がトイレを急に失敗するようになってしまったら、自分自身の振舞いを振り返ってみるといいかもしれません。

2. トイレの場所が分からなくなったから

Photo

部屋の模様替えをしたり、ちょっとトイレの位置を変えたことで、犬がトイレの場所が分からなくなってしまうこともあります。 この場合はトイレの位置を元に戻すことで解決することが多いので、まずはトイレの位置を元に戻してみましょう。 もともとトイレをしっかりできていたのであれば、トイレの位置を戻すことで解決することがほとんどです。 高齢の犬がトイレの位置が分からなくなってしまう場合は、認知症が考えられますので、今すぐ動物病院で検査をしてもらうようにしましょう。

3. 環境が変わったことに戸惑っているから

Photo

引っ越しや結婚などで犬を取り巻く環境が大きく変わった場合、犬も戸惑ってトイレを失敗してしまうことがあります。 間取りも変われば犬が戸惑うのも無理はありません。 その場合は犬がトイレをした場所を追ってシーツを敷くようにしてみましょう。 シーツの中から犬自身がトイレの場所と自分で決めるところが出てくるはずです。 犬にストレスがかからないようにしてあげると、環境が変わっても急なトイレの失敗から脱出できるはずです。

おわりに

Photo

その他にも住んでいる人が変わったなどで、犬が警戒心を持つようになった場合も急にトイレを失敗することがあります。 犬は安心できるところでないとトイレをしないので、住んでいる人が変わった場合は、コミュニケーションをとって、安心できる人であることを認識させてあげるとよいでしょう。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。