• 住まい
  • 2020/01/27

犬を家の中で飼うときに役立つ柵の置き場所

Photo

犬を家の中で飼う時、どうしても入ってきてほしくない場所、犬の毛が混じってしまうと困る場所等には柵を置いて入ってこないように対策をしましょう。

1.家の中での犬の居場所を考えよう

Photo

まずは家の中での犬の居場所を決めましょう。 1) リビング リビングに犬の居場所を確保してあげる人は結構多いのではないでしょうか? 犬の気持ちからしても家族を一番見ることのできるリビングはとてもいい場所です。 2) 寝室 夫婦の寝室などに犬がいてもOKだという方は寝室もオススメします。 寝室は普段から締め切っているので犬の匂いなどがリビングや玄関に漏れることがあまりありません。 また、犬も飼い主が仕事に出かけている間にいたずらしにくい場所という理由でも寝室はオススメです。 3) 専用スペース 一軒家などで部屋の数が多い場合やリビングなどに犬のスペースを作ってあげられる場合は犬専用スペースを作ると便利です。 マンションなどに住んでいる場合はなかなか専用スペースを確保してあげられないことがありますが、近年ペット可のマンションにはリビングなどにペットの専用スペースなどがある部屋もあるので、ぜひチェックしてみてください。 4) 玄関 玄関に居場所を作ってあげるのも良いでしょう。 その場合は季節によって暑すぎる、寒すぎるなどのない様に工夫してあげてください。 また来客時には玄関は注意が必要です。

2.柵を置く場所のオススメ3か所

Photo

棚を置く場所は、キッチン、洗面所、子ども部屋の3つがおススメです。 なぜなら、犬が不意に入ってしまうと危険なことが起こる可能性が高まるからです。 これら3つの場所では、犬の体格によっても柵を作っても簡単に超えられてしまったということが起こらないよう、柵の高さ、幅や素材などは犬の体格を考えて購入しましょう。 1) キッチン キッチンはガス、火を扱うことが多いので犬が入り込んでしまい火事になることが無いよう注意が必要です。 そのため柵をキッチンの出入り口に置くのが最適です。 2) 洗面所 洗面所は人のケア用品が多い場所です。 お風呂や歯ブラシなどに犬の毛が付いてしまっては大変です 。 そのためになるべく洗面所への導線には犬が入らないように柵でストップしておきましょう。 3) 子ども部屋 子どもがまだ小さい場合や子供が友達を家に連れてきた場合など、犬は子供が好きなので要注意です。 子どもが小さい場合は感染症など犬から人にかかってしまうものもありますので注意が必要です。 また友達を連れてきた場合も犬が苦手な子がいるかもしれませんので柵を設置し、近づけないようにするもの一つの手段です。

Photo

若山 せいな

プロフィールをご覧いただき、ありがとうございます。 都内在住でWebライターとして活動しています、若山と申します。 ペットシッター士の資格を持ち合わせております。 2019.6より仕事を辞め、ペット系Webライターとして活動し始めました。 今までに犬に関する記事、猫に関する記事、小動物に関する記事や豆知識記事などを執筆してまいりました。 ぜひ楽しんで読んでいってください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。