• 犬の優れモノ
  • 2020/02/23

犬用ペットサークルの役割と選び方をご紹介

Photo

簡単にサイズ調整が効く犬用ペットサークルには、ケージとまた違うメリットがあります。 今回は、ペットサークルの役割やケージとの違いについてご紹介します。 どちらを買おうか迷っている方は是非ご一読下さい。

1.犬用ペットサークルとは?

Photo

1) ペットサークルの役割 ペットサークルには”人とペットの居住スペースを区切る”という大切な役割があります。 サークルで囲んだ部分を飼い犬専用のスペースとして区切ってあげることによって、彼らは「ここは自分の縄張りだ!」と安心するのです。 私たちにとっても、ワンちゃんを一人でお留守番させる時や、訪問客が来た時等に役立つ大変ありがたいアイテムです。 2) ケージとの違い ペットサークルとゲージの違いは、”屋根・床の有無”。 屋根と床がない柵のような形状のサークルに対し、ケージにはどちらもついていて小さな家のような形状をしています。 3) 使用方法 ペットサークルには形状を固定する屋根と床がないので、大きさや形を自由自在に変えて使えます。 設置する部屋の大きさを考慮出来るので、場所を選ばず使い勝手の良さで人気です。

2.犬用ペットサークルの選び方

Photo

ペットサークル選びで失敗しないために、ここでは選び方のコツをご紹介します。 1) 飼い犬の体格に合う高さとサイズ感のサークル せっかくペットサークルを設置しても、飛び越えられてしまったら意味がありません。 必ず飼い犬の体高を確認し、脱走されない高さのサークルを選びましょう。 また、ペットサークルの使用目的に基づいた適切なサイズ選びも重要です。 「ハウス」として使用する場合には、飼い犬が体の向きをスムーズに変えられるくらいの広さが丁度良いでしょう。 「遊び場」として使用する場合には、飼い犬が快適に走り回れるくらい十分な広さがあるものを選ぶようにしてください。 2) 子犬は将来的なサイズも考慮 子犬向けにペットサークルを購入する場合には、子犬が成長した時の体格にも対応出来るものを選ぶようにしてください。 別売りのパーツを組み合わせることでそのサイズを自由に変更できるタイプであれば、買い替えの心配がゼロになるので安心です。

3.まとめ

Photo

今回は犬用ペットサークルとケージの違いから、失敗しないペットサークルの選び方のコツなどをご紹介しました。 これから飼い犬用にペットサークルを購入される際に本記事をお役立てくだされば幸いです。

Photo

ゆかこ

動物が大好きなライター。 犬・うさぎ・ハムスターの飼育経験があります。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。