• 住まい
  • 2020/01/26

愛犬が家具を噛んでしまう…対策方法3選

Photo

室内で犬を飼っていると、大切な家具が犬に噛まれてボロボロになるという苦い思いをした方もいるのではないでしょうか? 犬がものを噛むのは本能なので仕方のないことなのですが、家がボロボロになるのは嫌ですよね? しっかりと対策をしておくことで未然に防ぐことが出来ます。 今回は「しつけをする」「スプレーを使う」「家具をアルミホイルでカバーする」の3つの対策方法をご紹介します。

1.愛犬が家具を噛む

Photo

室内で犬を飼われている方であれば、「大切な家具が犬にかじられてボロボロになってしまった」なんてことがあるかもしれません。 好奇心が旺盛なワンちゃんは「目につくものはとりあえず噛んでみる」なんてこともあり得ますね。 1) しつけをする かじられると困るものをかじってしまう場合、きちんとしつけをして噛んではいけないものだとわからせるようにしましょう。 かじったらすぐにはっきりと「ダメ」と叱ります。 かじった後だと犬はなんのことで怒られているか分からないので、噛んだらすぐに叱らなくてはなりませんよ。 もっと、大切なのはワンちゃんの「噛んでみたい!」という気持ちを尊重してあげることです。 なので、叱ったあとはワンちゃん噛んでもいいおもちゃなどをあげましょう。 2) スプレーを使う 通販やペット用品店では、かじると苦い味がする「いたずら防止スプレー」が売っています。 噛んで欲しくない家具や、ワンちゃんがいつも噛んでしまうところにスプレーをしてみましょう。 いつも通りにワンちゃんが家具を噛んだとき苦い味がして、その家具や場所等を避けるようになります。 ワンちゃんは「噛むと嫌な味がする」と記憶するのですね。 3) 家具をアルミホイルでカバーする 犬が机や椅子の脚を噛んでしまう時は、その部分にアルミホイルをかぶせてカバーしましょう。 アルミホイルの噛み心地は人間にとっても嫌なものですが、ワンちゃんにとっても同様です。 噛み心地が嫌になるので、そこを噛まなくなります。 家具をアルミホイルで覆うので見た目がちょっと悪くなってしまうのがデメリットですね。 ですから、見た目が気になる方は上記の1)や2)を試してみてください。

Photo

YU TAKADA

埼玉県在住の20代女子。 ライターとパートの兼業をやっています。 犬が大好きです。 ペット系の記事をはじめ、日用品や美容、化粧品などの商品おすすめ記事を書いています。 皆さんの知識を深めたり、面白いと思ってもらえるような記事を書けるように日々技術を磨いていきたいです。 よろしくお願い致します。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。