• きもち・しぐさ
  • 2020/02/14

犬が噛む本当の意味とは?

Photo

あなたは愛犬に噛まれた経験はありますか? おそらく、犬を飼っているほとんどの人が、犬が故意に噛んだかどうかはさておき、犬に噛まれたことがあるでしょう。 信頼する愛犬に噛まれることでショックを受ける人もいるかもしれません。 犬の立場としては、噛むにはそれなりの理由があるのをご存知でしょうか? 今回は、犬が噛む理由についてご紹介します。

犬が噛む理由

Photo

1) 怪我をしている 愛犬とコミュニケーションをとろうと考え、犬の身体を触ったとたんに犬が噛んできたことはありませんか? もしかしたら、それはその触った部位を怪我しており、触られて痛かったから噛んだのかもしれません。 少し高い場所から降りただけで、足を骨折してしまうことがある小型犬には特によく見られます。 そういった際には犬を叱ることはせず、まずは本当に怪我をしていないか、優しく犬の身体を触ったり撫でてみましょう。 特定の部位を触った場合のみ噛まれる場合は、その部位を怪我していることが考えられますので、直ぐに動物病院へ連れて行くことをおすすめします。 2) 興奮している 飼い主と遊んだり、ドッグランで遊んでいるときに、犬が楽しくなりすぎて興奮してしまうことがあります。 犬は興奮することでつい噛んでしまうことがあります。 興奮しているかどうかは、よだれを垂れ流していたり、明らかにいつもと様子がが異なるのですぐに気が付くでしょう。 犬が興奮してしまったら、一度伏せをさせるなどし、落ち着かせるようにしてください。 3) ストレスが溜まっている もしかしたら、犬は運動不足や飼い主とのコミュニケーション不足でストレスが溜まっているのかもしれません。 ストレスが理由となり飼い主を噛むことは多くあります。 そのため、日頃からしっかりと散歩をし、愛犬との時間を確保するようにすると良いでしょう。 また、ドッグランなどで一緒にボールやフリスビーなどで遊ぶと、コミュニケーションにもなり運動不足も解消されるため、おすすめです。

Photo

南 健

元ドッグトレーナー。 北国で生まれ育ち、犬に囲まれた生活を送る。 現在は一線から離れ、ペット系メディアのライターを中心に活動。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。