• 成犬
  • 2020/01/19

トイレトレーニングのやり直し、成犬でチャレンジするコツは?

Photo

トイレトレーニングは子犬の時期に覚えさせるのが一般的です。 しかし、大人になってもトイレを失敗するワンコは意外と多いようです。 もう成犬だからトイレトレーニングはムリ!と諦めていませんか?  正しいやり方で根気よく取り組むことで、何才の犬にもトイレの場所をしつけることができます。 ちゃんとトイレシーツの上で排泄することは、飼い主さんにとってだけでなく、ワンコ自身にとってもストレスフリーな毎日につながります。 大人のワンコももう一度、トイレトレーニングにチャレンジしてみましょう。

【成犬のトイレトレーニングをやり直す、3つのポイント】

Photo

1. 叱るのはNG、わかりやすく褒めてあげて トイレの失敗を続けてきた成犬にとって、いちばん嫌な記憶は「叱られること」。 排泄を見られたら叱られると思い込んでいるワンコは、我慢したり、隠れてしようとしたりして、失敗を重ねてしまいます。 叱られると不安やストレスで、さらに粗相をしてしまう場合もあります。 飼い主さんは決して叱らず、成功したら大袈裟に、わかりやすく褒めてあげてください。 成功体験を記憶させることが、しつけの上でなによりも重要です。 トイレシートの上ですると褒められるという記憶を擦りこむことで、だんだんと失敗が少なくなってくるはずです。 2. まずはケージの外で練習を トイレトレーニングを失敗してきた成犬は、子犬の頃にケージの中で練習させられた子が多いようです。 その場合、成犬になってからもケージの中でのトイレを嫌がります。 まずはよく失敗してしまう場所にトイレシーツを多めに敷きつめ、その上で排泄する体験を増やしてあげましょう。 もし別の場所で排泄しそうだったら、途中でもトイレシーツの上に移動させ、そこで褒めてあげてください。 排泄という行為がトイレシーツと結びつくことで、徐々に失敗が減ってきます。 トイレシーツの上でちゃんとできるようになってから、少しずつケージの近くや中にトイレシーツを移動してあげると、飼い主さんが希望する場所でできるようになります。 3. 焦らずゆっくり、時間をかけて トイレトレーニングにトラウマがある成犬は、失敗の記憶を塗り替えることが必要なため、子犬をしつけるよりも時間を要します。 また、子犬と違って排泄の回数が少ないため(一般的には3~5時間ごと)、成功体験を積ませるのに飼い主さんの根気が必要です。 失敗を繰り返してもあきらめず、長い目で地道に取り組みましょう。 ところで、あまりにも失敗が多い場合は、加齢や病気など排泄を我慢できない特別な理由があるかもしれません。 以上のように成犬のトイレトレーニングにストレスを感じる場合は、プロのトレーナーに相談することも考えましょう。

Photo

double-y

子育てのかたわらフリーライターを続けて5年。 ライフスタイル、ファッション、フード、ペット関連の記事が得意です。 雑誌編集経験10年以上。取材・校正などにも対応します。 思いやりと温かみの感じられる記事を心がけています。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。