• 知ってた?
  • 2020/07/24

犬も献血ができる?ドナー登録制度とは?

Photo

犬に手術や輸血が必要になったとき、その血液はどこから来ているのでしょうか? ペットには献血のドナー登録制度があります。 人間の献血制度とは異なり、各動物病院で独自に行われているものです。

1. 犬の献血は動物病院ごとに行っている

Photo

犬の場合、人間のような全国統一の献血センターはありません。 個々の動物病院にドナー登録をした犬が献血できるシステムになっています。 ドナー登録の条件は各病院ごとに異なっています。 一例として交配や妊娠などの経験がなく、体重20kg以上で肥満傾向ではない犬である、などです。 また、ワクチンの接種状況や輸血経験の有無、麻酔を使わず献血ができる性格など、さまざまな条件を総合的に判断してドナー登録が認められます。

2. 犬の献血制度はボランティア

Photo

人間の献血と同じく、犬の献血も原則ボランティアです。 献血の際には、身体検査や血液検査等を無料でしてもらえることはありますが、基本的には謝礼はないようです。 1) 交通費や謝礼などお金はもらえない 動物病院に行くためにかかる交通費や、献血の謝礼としてお金がもらえることはほぼありません。 動物病院によっては、ワクチン接種などをサービスで受けられたり、身体検査の際に爪切りなどのケアを受けられるケースもあるようです。 2) 感謝状などがもらえることもある 献血ドナーには感謝状やフードのサンプルなど、ちょっとしたものがもらえることもあります。 抜いた血液で検査をしてもらえることもあるでしょう。 これらは、動物病院側の厚意であり、基本的には完全なボランティアと考えておいた方が良いでしょう。

【まとめ】

Photo

人間の献血ドナーも登録する方が減少傾向にありますが、犬のドナーはさらに条件が厳しく設定されているため、より数が少ないのが現状です。 若く健康で、一定の体重を超えている犬限定でしかドナー登録できないため、なかなかドナーが集まらず、輸血のための血液を集めるのがとても大変です。 輸血が必要な犬のために活動している献血ドナー犬がいるということを、我々は知っておかなければいけませんね。

Photo

Rion

女子向け記事、動物系などその他幅広くちょこちょこ執筆しています。 普段は事務業に勤しんでいる30代女性です。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。