• アート・フォト
  • 2020/01/27

犬のフォトコンテストで注目される写真の撮り方

Photo

犬の魅力を写真に収められるのかを競う犬のフォトコンテストがありますが、フォトコンテストでより注目される写真を撮るコツがあったら知りたいと思いませんか? 実は犬をより可愛く、美しく、そしてみんなから注目される写真を撮るには、ちょっとしたコツがあります。 ここでは犬のフォトコンテストで注目される写真の撮り方のコツをお伝えします。

1.犬の目線に合わせて写真を撮る

Photo

普段、犬の写真を撮るときは、どこから写真を撮ることが多いですか? 人の目線から写真を撮ったり、遠くからこっちに走ってくる姿を撮ることが多いのではないでしょうか? もちろんこの方法でも犬の写真を撮ることができますが、フォトコンテストクラスできれいな写真を撮るには、犬の目線に合わせて写真を撮ることが重要ポイント。 犬の目線って、人間にとって非日常の空間で、ちょっとわくわくする景色ではないでしょうか。 ですから、犬の視線に合わせて写真を撮るだけで、犬が動いている躍動感が増しますし、より犬を魅力的な写真に収めることができるでしょう。 犬の写真を撮っている多くの方々が屈みこんだりして、かなり低い位置、つまり犬の目線の位置から写真をとっているのはこのような理由からなんです。

2.犬の正面から写真を撮る

Photo

犬の目線に合わせて写真を撮ることができたら、犬の正面から写真を撮ることをおすすめします。 犬の正面から写真を撮ることで、走ってくる姿をよりアクロバティックに撮ることができます。 犬の目線に合わせて正面から写真を撮るのは、何だか簡単だなと思う人もいます。 ですが、犬の正面から写真を撮るのは思ったより難しい! 人間が犬の正面でカメラを構えても、走ってくる時に別の方向に走ってしまったりと、なかなか正面から撮ることができません。 そのための方法が一つあります。 それは、おやつをカメラに取り付けることなんです。 更におやつの袋をがさがさと振って、カメラに注目させると効果的ですね。 こうすると、おやつに向かって走ってくる犬を正面から写真に収めることができます。 普段見られないいきいきとした表情の犬を写真に残すことができるでしょう。

3.連射モードを使う

Photo

もし、飛行犬などと呼ばれるような、犬が飛んでいるように見える瞬間を撮りたいときは、連射モードを使いましょう。 一眼レフで撮るとより鮮明に撮れますが、スマホでも連射モードがあって、こちらでもきれいに写真を撮ることができます。 連射モードで撮った写真から、飛行犬の状態の写真をチョイスすると、フォトコンテストでも注目を集めやすくなります。 犬のフォトコンテストでは、非日常の空間や躍動感ある写真が注目されやすいです。 どんな写真がいいのか迷ったら、ぜひここでご紹介した方法を試して、フォトコンテストで注目されるような素敵な写真を撮って下さいね。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。