• 躾とトレーニング
  • 2020/10/18

犬がより楽しいと感じる遊び方とは?

Photo

愛犬と遊んでいるときに、「この子は今楽しんで遊んでいるのかな?」と疑問に思うことはありませんか? 「うちの犬は遊び好きじゃないから…」や、「うちの犬は遊んでいても飽きっぽくて…」という飼い主さんもいらっしゃいます。 そんな時は、犬の習性に合わせて遊び方を工夫すればよいのです。 今回は愛犬と遊ぶときにより楽しんでもらう方法をご紹介します。

1. 犬から逃げるように走る

Photo

皆さんは、犬とボール遊びをするときはどのように遊びますか? 多くの方は、ボールを遠くへ投げた後に、犬が自分の足元にボールを持って来るまで待っているという遊び方をしているかと思います。 そうして遊んでいるとき、たまにボールを持ってきていくれないことはありませんか? 犬がボールを持ってきてくれない理由はいろいろ考えられますが、一つの解決策としてボールを持ってくるまで待つのではなく、犬から逃げるように走ってみるという方法があります。 犬は逃げるものを追う(動くものを追う)習性があるため、その習性を利用して、今度は飼い主さんを追いかけてもらうというやり方です。 普通のボール遊びに飽きてしまったり、ボールを持ってきてくれない時に試してみてはいかがでしょうか?

2. 高めの声を出す

Photo

犬と遊ぶときには、なるべく高めの声を出して遊ぶと良いでしょう。 低い声で話すと、犬は威圧されているように感じてしまう場合があります。 一方で高い声で犬に話しかけると、犬は褒められていると感じてくれます。 ですので、男性であってもなるべく高めの声で遊んであげることは、犬により楽しんで遊んでもらうための一工夫になるでしょう。

3. 引っ張り合いっこなどで飼い主も一緒に楽しんで遊ぶ

Photo

犬と遊ぶときには、受け身になってはいけません。 先述したようにボールを投げて待つのではなく、かならずいっしょに遊ぶようにしましょう。 例えば、ロープのおもちゃなどで犬と引っ張り合いをするのがおすすめです。 おもちゃの引っ張り合いは、飼い主との力比べをしているようで犬がとても喜ぶ遊びなので、積極的に行いましょう。 飼い主とのコミュニケーションも深まり、犬自身もより楽しんで遊んでくれるでしょう。 ちなみに、引っ張り合いっこをする場合はいつも人が勝つのではなく、時々でよいので犬側に勝たせてあげてください。 負けてばかりだと、犬自身つまらないですからね。

番外編:犬が遊びに乗り気な時の仕草~

Photo

皆さんは、愛犬が尻尾を振りながらお辞儀をするように、前かがみになっている様子を見たことはありませんか? このポーズは「プレイバウ」といって犬が遊びを誘うときのポーズです。 このポーズをしたときは愛犬がしっかり乗り気になっている証拠です。 遊ぶ時の気持ちを知るためには知っておくとよいでしょう。

まとめ

Photo

遊んでいても犬がつまらないように見える場合は、普段の遊び方から一工夫してみましょう。 いっしょに走ったり、高めの声を出したり、おもちゃの引っ張り合いをしてみるといいですね。 そうすることで、愛犬と一緒に遊ぶ時間が人にとっても犬にとってもより楽しいものになるのではないでしょうか? この記事を読んで、普段のワンちゃんとの遊びの参考にしてみてください。

Photo

南 健

元ドッグトレーナー。 北国で生まれ育ち、犬に囲まれた生活を送る。 現在は一線から離れ、ペット系メディアのライターを中心に活動。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。