• 幼犬・仔犬
  • 2020/01/15

新しく子犬を迎えた日にしなければいけない5つのこと

Photo

子犬が来た初日には、いろいろとしなければならないことがあります。 お迎え前の準備も大切ですが、主に初日に済ませたいことを5つにまとめました。 疲れている子犬をいたわりながら、優しく迎えいれましょう!

子犬が来た初日には何をする?

Photo

1. 子犬にトイレを教える 子犬を迎えた初日にも、排泄は何度かあります。 最終的に外飼いする犬でも、子犬のうちは家の中で育てようと考える人が多いのではないでしょうか? トイレトレーニングは最初が肝心です。 家に来たときはトイレシーツを敷いた柵の中で排泄を待ち、きちんとできたときはほめてあげましょう。 何度も続けているうちに「ここで排泄するとほめてもらえるのだな」と犬が気づきます。 2. 子犬に家の中を歩いてもらう どんな動物でもそうですが、初めて来た場所には警戒心を持ちます。 問題ないと犬に分かってもらうためにも、家の中を歩いてもらいましょう。 トイレを済ませてから柵の外に出せば、トレーニングの失敗も防げます。 ただし、長距離移動やストレスで疲れているようなら、無理に初日に終わらせる必要はありません。 3. 休憩時間を設ける トイレを済ませて少し家の中を歩いた後は、少し子犬が疲れているかもしれません。 初日はあまりしつこくせず、慣れてもらうための時間と考えましょう。 ケージや柵など子犬が自由に過ごせる場所を用意しておき、少し眠る時間を設けるとゆっくり過ごせます。 4. 少し遊んであげる 子犬が元気そうで、余裕があれば少しコミュニケーションを取ります。 犬用のおもちゃを準備しておくか、ボールなどで遊んであげましょう。 初日は予想以上にストレスがかかっていることもあるため、子犬の様子を見ながら短時間で切り上げるくらいがおすすめです。 5. 食事を与える 子犬の食事回数は、1日4〜5回です。 家に到着した時間にもよりますが、必要に応じて食事を与えましょう。 長い時間移動している場合は、家についてから早めに食事の時間を設けるほうが安心です。 ただし、初日はストレスや疲れであまり食べられないかもしれません。 少し控えめを意識して、無理のないように注意しましょう。 食べられないときは無理強いせず、少し時間が経ってから与えるなど工夫が必要です。

Photo

Rion

女子向け記事、動物系などその他幅広くちょこちょこ執筆しています。 普段は事務業に勤しんでいる30代女性です。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。