• 住まい
  • 2020/07/27

犬にとって、夏のエアコンの最適温度は?

Photo

皆さん、愛犬の熱中症対策はしていますか? 犬の熱中症は、場合によっては命にかかわります。 症状が軽く見えても急変しやすいので、甘く見ずに事前の対策をしましょう。 外出時だけではなく、室内でも熱中症になることがあります。 室内でできる対策としては温度や湿度の管理がポイントになってきます。 そこで、この記事では室内での熱中症対策についてご紹介します。

1. 愛犬にとっての夏のエアコンの最適設定は?

Photo

1) 室内は常時26℃前後にする 人にとって快適とされるエアコンの温度は27℃~28℃ですが、人よりも体が小さく動きが活発な犬にとっての最適温度は26℃です。 飼い主さんの外出時もエアコンは消さずに、常時26℃前後を保ちましょう。 熱帯夜が続く時期は夜間や早朝も熱中症の危険性があります。 できるだけ24時間エアコンをつけておきましょう。 また室内の温度を確認する時は、愛犬の体高を考慮すると良いでしょう。 床面近くで生活しているワンコの体感温度は人の体感温度とは異なることが多いからです。 2) 湿度は常に50%前後にする 犬は体温が高くなると口を空けてパンティングを行い、体温を下げようとします。(パンティングとは、舌を出しハアハアと呼吸することで、下や口腔内の唾液を蒸発させ、体温を調節する行為) しかし、湿度が高いと汗や唾液が蒸発しにくいので、なかなか体温が下がりません。 気温は25℃くらいでも、湿度が80%以上だと熱中症の危険性が高まります。 ですので、湿度は常に50%くらいに保ちましょう。 エアコンと併せて床面近くで扇風機やサーキュレーターを回し、部屋の空気を下から循環させることで快適な湿度を保ちましょう。

2. エアコンの設定以外にできる熱中症対策は?

Photo

1) 愛犬が涼めるコーナーを作る エアコンを24時間つけておくことに抵抗がある人は、涼しさを保てるように室内環境を整えるのも一つの手です。 床に熱がこもりやすいラグやカーペットは外し、遮光カーテンで熱気を遮断するなど、工夫すれば比較的簡単に涼しさは保てます。 他にも愛犬のベッドに冷却まくらや凍らせたペットボトルをタオルにくるんで置いたり、温度が下がりにくい素材の器に冷たい水を用意したりすると良いでしょう。

【まとめ】

Photo

熱中症は犬の体力を急速に奪ってしまいます。 室内環境を整えて、事前の対策をしっかり行い暑い夏を乗り越えましょう。

Photo

double-y

子育てのかたわらフリーライターを続けて5年。 ライフスタイル、ファッション、フード、ペット関連の記事が得意です。 雑誌編集経験10年以上。取材・校正などにも対応します。 思いやりと温かみの感じられる記事を心がけています。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。