• お世話と身だしなみ
  • 2020/06/18

雨の日も休めない犬の散歩!注意点を解説

Photo

毎日の犬のお散歩、晴れの日も雨の日もありますね。 晴れの日は気分良くお散歩できますが、雨の日は面倒な準備、濡れないように歩く、帰ってからのアフターケアなど、飼い主さんとしてはお休みしたい気分になってしまうことがあるかもしれませんね。 でも、犬によっては散歩に行かないとトイレができない子やストレスをためてしまう子もいることでしょう。 そんな休むことができない、雨の日の散歩はどんなことに注意したらいいかご存知ですか? 本記事では晴れの日と違う、ちょっとした危険がある雨の日の散歩について詳しく解説していきます。

1. 水たまりの水を飲むのはNG

Photo

雨の日は道路のいたるところに雨水が溜まりますが、この水がとても危険なことはご存知でしょうか? 動物の排泄物や様々な雑菌が溜まっている水ですので、犬が飲んだり、寝転がって遊んだりするのはとても危険です。 特に子犬や老犬の場合は抵抗力が弱いので感染症などの怖い病気にかかりやすいといわれています。 犬は水たまりを好んで近づいていきますが、絶対に近づかせない、さわらせないようにしましょう。 また、人間と違い靴を履いていない犬の足は水分でふやけてきます。 雨の日の散歩は犬の肉球が普段よりも傷つきやすい状況にありますので、なるべく短時間で切り上げるようにしましょう。

2. 地肌が濡れたままは病気のもと!帰宅後の注意点

Photo

雨の日は犬にレインコートを着せるという飼い主さんもいますが、それでも犬は濡れてしまうことがあります。 そんな時、犬を濡れたままで放置してしまうと皮膚病になることがあります。 そのため、雨の日は散歩から帰宅したら、普段より犬の体を気遣って入念なアフターケアをしてあげるようにしましょう。 まずは足の指の間や肉球の汚れをチェックして、キレイに洗い流してあげて下さい。 しっかりタオルドライをした後は、ドライヤーを近づけすぎないように注意しながら優しく乾かしてあげましょう。 また、忘れがちな耳の水分もしっかり取り除いてあげるようにして下さい。 耳に水分が残ったままだと雑菌が繁殖し、外耳炎の原因になることがあります。 雨の日の散歩は気を使うことがたくさんありますが、愛犬の健康チェックも兼ねてしっかりお手入れしてあげるようにしましょう。

Photo

かりんこ

動物が大好きで、現在は猫2匹と一緒に暮らしています。 長く一緒に暮した犬は高齢で亡くなってしまいましたが、愛犬と共有した様々経験を含めながら記事を執筆しました。 これから犬と一緒のHAPPYライフを始める方たちのお手伝いが少しでもできたら嬉しいです。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。