• 住まい
  • 2020/01/19

犬が家の中で走り回るときの原因と対処法

Photo

家の中で突然、犬が走り回るときがあります。 犬に家の中を走り回られると、家財が壊れる原因にもなりますし、何より犬が何かにつまずいて怪我をしてしまう可能性もあるため、なるべくやめさせたほうが良い行動のひとつです。 犬の行動にはすべて意味があり、それを理解し対処することで、その問題行動が治まることが期待できます。 そこで今回は、犬が家の中で走り回るときの原因と対処法についてご説明します。

1. 犬が家の中で走り回る原因

Photo

1) 運動不足 犬は運動不足であるために、家の中で走り回って運動不足を解消しようとします。 特に子犬は、毎日元気一杯のため、走り回ることでエネルギーを発散していると言われています。 2) ストレスから解放されたが溜まっている 犬は大きなストレスが溜まり、それから解放された途端に走り回ることがあります。 特に動物病院やトリミングが苦手な犬は、そこから家についた瞬間に、安心感からか家の中を走り回ることがある様です。 3) 恐怖を感じている 知らない人や犬が家の中に入り込んできたとき、犬は恐怖を感じ走り回ることがあります。 これは、この場から逃走したい気持ちを家の中で走り回ることで表現していると考えられます。 犬が恐怖を感じているときは、耳を閉じるように下がり、尻尾も下がるため、見分けやすいです。

2. 犬が家の中で走り回るときの対処法

Photo

1) 十分に運動させる 運動不足が原因で家の中を走り回るのであれば、それを解消してあげましょう。 毎日の散歩の時間や距離を増やしたり、週末ごとにドッグランなどに行き思い切り走り回る時間を作ってあげましょう。 そうすることで、犬の運動不足は解消され、家の中で走り回るのは治まるでしょう。 2) 犬を安心させる ストレスが溜まっていたり、恐怖を感じていることが原因で家の中を走り回るときは、優しく撫でてあげたり、抱っこをすることで治まるかもしれません。 優しく声をかけることも効果的です。 但し、恐怖を感じているのであれば、抱っこをしていても近くに恐怖の対象がいるのであれば、犬がパニックになってしまう可能性もあるため、抱っこをする際も暴れて落っこちたり噛みつくことがあるので注意してください。

Photo

南 健

元ドッグトレーナー。 北国で生まれ育ち、犬に囲まれた生活を送る。 現在は一線から離れ、ペット系メディアのライターを中心に活動。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。