• びっくり
  • 2020/08/14

犬に関するびっくり雑学5選!

Photo

我々の身近な存在である犬たちですが、意外と知らないこと、たくさんあるのです。 犬に関する意外でびっくりする雑学を5つご紹介します。 あなたはいくつ知っているでしょうか?

1. 世界で一番長く生きた犬の年齢は29歳と5ヶ月

Photo

ギネス記録になっている世界一長く生きた犬の年齢は29歳と5ヶ月です。 一般的な犬の寿命は10~13年といわれているので、平均寿命の倍以上生きたということになります。 この長寿犬はオーストラリアン・キャトル・ドッグという犬種の「Bluey(ブルーイ)」という名の犬で、オーストラリアで20年もの間、牧畜犬として働いていたようです。

2. 犬も仮病を使える

Photo

犬は人間の2~3歳くらいの知能を持つと言われていますが、仮病を使えるなんて知っていましたか? 犬は飼い主に甘えたいときや、飼い主の気を引きたいときに仮病を使うそうです。 過去に怪我などで飼い主が優しく接したことがあったりするとわざと足を引きずって見せたりするのだとか。 そこまでして気を引きたいという気持ちを知ると愛犬がもっと愛おしく思えますね。 だからといって仮病ではない場合もあるので気を付けましょう。 愛犬が痛みを訴えている場合は様子を観察し、本当に痛そうなのであれば動物病院に行くようにしましょう。

3. 犬は常に爪先立ちで歩いている

Photo

犬をよく観察するとわかると思いますが、足の少し上のところで「くの字」のように曲がっている部分がありますよね? 実はあれが犬のかかとにあたる部分になります。 犬のように指で体を支えて爪先立ちする構造を指行性といい、この構造によって早く走ったり、すばやく方向転換したりすることができます。

4. 世界一高価な犬は945,000ポンド

Photo

世界一高値で取引された犬はチベタン・マスティフという犬種で、なんとそのお値段945,000ポンド(日本円で約1億2500万円)! お家が何件も買える値段ですね。 中国のお金持ちの人によって2011年に買われました。

5. ドイツでは犬を飼うと犬税がかかる

Photo

ドイツでは犬を飼うとその頭数に応じた「犬税」を課せられます。 納められた犬税は、フン害などで汚れてしまった町の清掃費用などに充てられます。 ヨーロッパでは犬税を導入している国も多く、オーストリア、フィンランド、オランダ、スイス、チェコなどが挙げられます。 実は、日本でも1982年まで犬税があったそうです。

【まとめ】

Photo

いかがだったでしょうか? 知っている雑学はいくつありましたか? 筆者も犬が好きで柴犬を飼っていますが、知らない事ばかりでした。 明日の雑談のネタにしてみてはいかがでしょうか。

Photo

マーシャル

都内で働く国際結婚ママライター。 子育て&白柴オーナー共に3年目です。 場所にとらわれない生き方を目指して奮闘中。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。