• かわいい
  • 2020/07/14

これさえ知っておけば愛犬をスマホで可愛く上手に撮れる!

Photo

愛犬の写真を残すならできるだけ可愛くて素敵な写真を撮りたいですよね。 でも実際に撮影してみると犬が動き回ってぶれたり、目が赤く光ってしまったり、いまいちな写真になってしまっていませんか? そんな「可愛い写真初心者さん」はこの記事を参考にしてみてください。 あなたにも「とっておきの1枚」が撮れますよ!

コツ①:まず寝ている時を狙う

Photo

愛犬を可愛く撮れないと思っている方は、まず寝ている姿を撮影してみましょう。 犬が寝ているときであれば動きが少ないのでぶれずに写真を撮ることができます。 それに寝顔が可愛くない動物なんていないですね。 (たまに白目が見えてちょっと怖い顔の子もいますが) 絶対可愛く撮れるはずです!

コツ②:自然光を使って撮る

Photo

フラッシュを使うと光が強すぎて赤目になるなど、うまく撮影できない事が多いです。 そのうえ、フラッシュの光が動物の目に負担をかけて、目にダメージを与えてしまう可能性もあります。 なので、撮影の際は太陽の光を使うと良いです。 やわらかくきれいな写真がとれ、自然で陰影のある写真になりますよ。

コツ③:あえて視線がはずれている時を狙う

Photo

いつもカメラ目線の写真ばかりとっていませんか? それももちろん可愛いのですが、たまにはカメラの方を向いていないショットを撮影してみるのも良いですよ。 愛犬の視線の先に何が映っているのか、想像が膨らむような写真を撮ることができますよ。

コツ④:ポートレート機能を使う

Photo

スマホによっては「ポートレート機能」がついているものがあります。 カメラ機能の一つである「ポートレート」で写真を撮ってみませんか? まるで一眼レフをつかったような背景にぼかしの入ったいつもと雰囲気の違う写真を撮ることが出来るかもしれませんね。

コツ⑤:連写する

Photo

連写をすると動きのある写真をとることができます。 可愛い瞬間を写真に捉えるなら、その一瞬をじっと待つよりも連写で撮った方が、とっておきの1枚を見つけやすいかもしれませんね。

おわりに

Photo

この5つのコツさえ知っておけば誰でも愛犬の写真を可愛く上手にスマホで撮ることが出来ます! 皆さんも是非試して見て下さいね。

Photo

マーシャル

都内で働く国際結婚ママライター。 子育て&白柴オーナー共に3年目です。 場所にとらわれない生き方を目指して奮闘中。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。