• 犬の優れモノ
  • 2020/02/21

犬用ドライヤースタンドが便利!どんな種類がある?

Photo

皆さん、お家で愛犬のシャンプーをした後、ドライヤーで乾かすときに苦労したことはありませんか? ドライヤーで片手が塞がってしまって、乾かしづらいなど、結構大変ですよね。 そんな時に便利なグッズ、犬用ドライヤースタンドを今回はご紹介します。 犬用ドライヤースタンドには、主に2つの種類があります。 家庭で使う場合は、スタンドタイプが主流で、トリミングサロンや小型犬を台の上で乾かすにはアームタイプなどが使われます。 この記事ではドライヤースタンドの種類とその特徴やメリット等についてご紹介します。

1.犬用ドライヤー固定スタンドは2種類

Photo

1) 床に置けるスタンドタイプ 床に置けるドライヤー固定スタンドは、電気スタンドのような形をしています。 下部に台のようなものがついていて、重心が固定されるタイプです。 好きな位置から犬にドライヤーの温風を当てられるため、人間用のドライヤーを使っても温度や風の強さの調整がしやすいでしょう。 2) 机や台に固定できるアームタイプ トリミング台や、近くにある机のようなものに固定できるタイプです。 アームが動かせるようになっていることが多く、位置を自由に変えられます。 置き型と違い倒れたりする心配はありません。 上から犬を乾かすときにも役立ちそうです。

2.犬用ドライヤースタンドを使ったほうがよい理由

Photo

犬専用のドライヤーは、風の熱さの調節ができ音も小さめです。 置き型タイプも多く、スタンドを使う必要はないかもしれません。 しかし、人間用ドライヤーを使おうと考えているなら、スタンドは欠かせません。 1) 両手が空くため犬を固定できる ドライヤーが苦手な犬は多いようです。 熱風や音に驚いて、暴れてしまうこともあるでしょう。 そのとき、片手でドライヤーを持っていると犬ケアできませんね。 単に逃げてしまうだけならよいですが、熱風が出ているドライヤーに近づいたり、飼い主に飛びかかったりしてトラブルの危険が高まります。 2) 人間用のドライヤーも使える 人間用のドライヤーは、一般的にドライヤーを固定するスタンドがついていません。 そのまま犬に使うと、よほどおとなしい犬でなければ使いにくいでしょう。 低温で音も小さい人間用ドライヤーを犬に使いたいのであれば、ドライヤーを固定するスタンドが別途あると助かるようです。 飼い主とワンちゃんで共用すればペット専用のドライヤーを買い足すより、費用面でもお得ですね。 3) 乾かす時間が早くなる スタンドがあれば、両手を使って犬の毛を乾かすことができるので。 片手をドライヤーに取られているより早く乾かせます。 なるべく低温で消音タイプのドライヤーであっても、早く乾かすほうが犬の負担も少なくなるでしょうね。

Photo

Rion

女子向け記事、動物系などその他幅広くちょこちょこ執筆しています。 普段は事務業に勤しんでいる30代女性です。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。