• Tips for 犬 life
  • 2020/01/28

ブリーダーから犬を迎えるメリットとは~その2~

Photo

ブリーダーから犬を迎えるメリットの第2弾です。 第1弾では親犬との面会について詳しくお伝えしていきましたが、今回は初めて犬を迎える人にはとても助かるメリットについて解説していきます。 人生で初めて犬を迎える人は、お世話などはじめてのことばかりで困ることがとても多いです。 ブリーダーから子犬を迎えることで、ブリーダーさんに育て方の相談ができたり、大変助かります。 ブリーダーから犬を迎えるメリット第2弾も、ぜひ最後までご覧ください。

1.子犬の育て方の相談ができる

Photo

初めて子犬を迎える人は、どのように子犬と接していいのかなど、育て方に困ってしまうこともあるでしょう。 子犬の時期の過ごし方は、成犬になってからの性格が決まったり、正しいしつけをすることで問題行動を少なくできたりと、犬にとって子犬の時期はとても重要です。 ブリーダーから子犬を迎えることで、その育て方で困った時にアドバイスをもらえことが多いようです。 というのも、ブリーダーは仕事柄、子犬をたくさん育てていますので、子犬へのご飯のあげ方から子犬の時期に起こりやすい病気まで、細かいことまで知っています。 子犬はまだまだ体が弱いため、少し体調が悪くなると、そのまますぐに悪化して命の危険にさらされることもあります。 犬を初めて迎えた人は、体調の異変に気付いても判断が遅れてしまい、最悪のケースになってしまいことも少なくありません。 何かおかしいと思ったら、すぐにブリーダーに相談できることは、初めての飼い主にとっても子犬にとっても大きなメリットと言えるでしょう。 もちろんブリーダーさんは獣医師ではありませんので、診療などできませんし、病気の場合は速やかに動物病院へ行くべきです。

2.子犬がどのような性格なのか教えてもらえる

Photo

子犬にとって新しい環境に行くことは不安がいっぱいです。 だからこそ、新しい飼い主が、しっかりと子犬を迎える体制を整えてからお迎えに行くと良いでしょう。 更にその子犬の性格を踏まえた上での準備もできると理想的ですね。 ブリーダーのところにいた時にどのように過ごしていたのか、どのような性格なのかを教えてもらえます。 ですから、家に迎えてからどのように接したら良いのかが予め分かっているので困らないというメリットがあります。 ・まったり過ごすことが多いのか? ・おもちゃで遊ぶことが多いのか? ・よく食べて寝ることが多いのか? などなど、その犬のよくとる行動が分かっていればどんなことが好きなのか?嫌いなのか?そんな時はどのように接したら良いのか?何となく想像できますよね。 子犬の性格に合わせて接してあげると子犬もストレスが少なくて済みます。 分からないことはどんどんブリーダーに訊いて、迎えた子犬が快適に過ごしてもらえるようにしていけるとよいですね。 ブリーダーから子犬を迎えることで、初めて飼い主さんは心強いことでしょう。 良いブリーダーから子犬を迎えたならばその子犬も人も幸せになることができるでしょう。

3.おわりに

Photo

ブリーダーさんは相談には乗ってくれることも多いですが、ご自身のお仕事が忙しかったりと、必ずしも全ての質問に対しての回答をしてくれるとは限りません。 ブリーダーさんの都合を考えた思いやりのあるコミュニケーションを心掛けることで、お迎えした子犬との充実した生活を送りましょう!

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。