• 愛護と保護
  • 2020/02/16

大阪を拠点にする犬の愛護団体3つ

Photo

2017年の統計では日本では1年に3.8万頭の犬や猫たちが殺処分にあっていると推計されています。 そんな、かわいそうな動物たちの問題に向き合い、少しでも殺処分される数を減らすことを目的の一つとして設立されたのが動物愛護団体です。 地域に密着して個人で活動している人もいますし、大きなシェルターを持ち、数百頭の動物たちを助けている団体も数多く存在しています。 本記事ではそんな愛護団体のなかでも大阪に拠点を置く3つの団体について活動内容や理念を中心にご紹介致します。 寄付やボランティアなど定期的に募集していますので、興味がある方は、公式サイトをのぞいてみて下さい。

1. 大阪を拠点にする犬の愛護団体3つ

Photo

1) 大阪アーク 大阪を拠点に活動する大阪アークは、保護活動を始めて間もなく30年になる愛護団体です。 2019年現在で100頭を超える犬や猫たちを保護していて、寄付で活動資金をまかないながら、積極的に動物たちの里親探しをしています。 2015年にNPO法人の認定を受けて、東京にも拠点を広げたようです。 東京のアークにはまだシェルターがないため、ボランティアを随時募集して保護犬を預かってもらっています。 里親が見つかるまでの期間なら保護犬のお世話がしたいいう人は、公式サイトで募集内容を確認してみましょう。 所在地〒563-0131 大阪府豊能郡能勢町野間大原595 電話番号 072-737-0712 メールアドレスark@arkbark.net 公式サイトhttp://www.arkbark.net/ 2) 公益財団法人日本アニマルトラストのハッピーハウス 世界で一番の動物愛護を目指して、動物の孤児院を運営している団体です。 大阪府豊能郡の山中に広い土地を持ち、犬や猫、アライグマなど様々な動物たちのお世話をしています。 動物の年齢や性格を考慮して、部屋を分けてあげられるので、とても整った環境で伸び伸びと過ごす動物たちの姿がみられます。 現在は約550頭の犬や猫が暮らしているそうです。 所在地〒563-0131大阪府豊能郡能勢町野間大原117 電話番号072-737-1707 公式サイトhttps://happyhouse.or.jp/ 3)NPO法人はぴねすDOG 個人で犬の保護から始め、NPO法人に認定されるまで大きくなった愛護団体です。 保護した犬は主に預かり親といわれるボランティアさんに世話をしてもらい、里親会で新しい飼い主に引き合わせています。 保護期間に人間と一緒に日常生活を送ることで、保護されたペット達は人間との生活の仕方に慣れることができ、譲渡後の生活がスムーズに始められるそうです。 所在地:大阪府箕面市粟生間谷東7丁目18番29号 公式サイトhttps://happiness-dog.com/

Photo

かりんこ

動物が大好きで、現在は猫2匹と一緒に暮らしています。 長く一緒に暮した犬は高齢で亡くなってしまいましたが、愛犬と共有した様々経験を含めながら記事を執筆しました。 これから犬と一緒のHAPPYライフを始める方たちのお手伝いが少しでもできたら嬉しいです。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。