• ごはん
  • 2020/01/15

犬用手作りジャーキーの日持ちは何日?

Photo

犬用の手作りジャーキーの日持ちは、一般的に数日〜1週間です。 完全に乾燥させる作り方ではなく、オーブンで焼くだけの簡単ジャーキーはあまり日持ちしません。 本格的に乾燥させ、保存方法にこだわれば数ヶ月持つものもありますが、安全性を考慮するならこまめに作るほうが賢明です。 冷凍保存も良いでしょう。

1. 犬用手作りジャーキーはどのくらい日持ちする?

Photo

1) 常温・冷蔵保存では数日〜1週間 手作りのささみジャーキーなどの単に焼いて水分を飛ばしたものは、だいたい1週間前後で消費しましょう。 なるべくなら、冷蔵保存がおすすめですが、保存場所を工夫して乾燥剤を使えば常温で保存できることもあります。 一般的には手作りのものは水分の飛び方がまちまちです。 ニオイや見た目をチェックしつつ、気になるときは1週間以内でも捨てたほうがよいでしょう。 このような手作りジャーキーは早めの消費を心掛けましょう。 2) 冷凍保存なら1ヶ月程度 常温や冷蔵で短期間保存しかできない手作りジャーキーも、冷凍保存なら長持ちします。 あまり長期間保存しすぎると風味が落ちることがあるため、1ヶ月程度で食べきるくらいがおすすめです。 冷凍保存したものは腐ってしまうケースはほぼないため多少日にちが経っていてもあまり心配はありません。 しかし、飼い犬においしいおやつを食べさせたいときは冷凍やけしない程度の保存期間にしましょう。 3) 本格的に作ったものなら常温でも1ヶ月程度日持ちする 手作りジャーキーと言っても、単に焼いて水分を飛ばしただけのものと、本格的に乾かしたものでは日持ちが違います。 ジャーキーメーカーなどが急速乾燥させたものは、余分な水分が残ることがなく、日持ち期間が1か月~数か月程度となっています。 これを参考にすれば、本格的な製造方法を採ったジャーキーは単に焼いて水分を飛ばした手作りジャーキーに比べて日持ちが延びると考えて良いでしょう。 風味落ちなどのことも考えると食べるのは早めのほうがよいですが、1ヶ月程度は大丈夫ではないでしょうか? 4) 保存料が入っていないため日持ちは短め 手作りジャーキーは保存料や添加物が入っていないことが最大の魅力の一つです。 そのため、市販のジャーキーと比べると日持ちは短めになってしまします。 自分で手作りしたジャーキーを密封するのは難しいので、開封前の市販品より早く消費しなければなりません。 簡単レシピなどで作った手作りジャーキーは、犬においしく食べてもらうためにも作ってから数日ほどで食べてしまうのがよいでしょう。

Photo

Rion

女子向け記事、動物系などその他幅広くちょこちょこ執筆しています。 普段は事務業に勤しんでいる30代女性です。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。