• おやつ
  • 2020/01/15

犬におやつをあげない理由5選

Photo

愛犬がかわいいからついついおやつをあげたくなっちゃいますよね。 でも、おやつをあげてはいけない場合もあります。 「犬におやつをあげないのは可哀想」と捉えてしまうかもしれませんが、もちろん理由があります。 今回はその理由を代表的な理由を5つにまとめましたので、知っておきましょう!

犬におやつをあげない理由とは?

Photo

1. おやつをあげないと犬が言うことを聞かなくなるから しつけのときにおやつを与える人は多いですが「おやつをあげないと言うことを聞かなくなるのでは」と考えて、おやつをあげないようにしている人もいます。 食べ物がもらえるから言うことを聞くのではなく、しっかり褒めてあげて仲良くなりたいと考えている人が多いようです。 しつけやごほうびとしておやつを使いすぎるとあげすぎにもつながるため、必要なければ必ずしもあげる必要はありません。 2. カロリーコントロールが難しくなるから 多くの犬にとって、おやつは「おいしいもの」です。 おねだりすれば飼い主がくれると分かれば、しつこくおやつを求めてくるかもしれません。 飼い主側が自制できれば大きな問題はありませんが、家族で飼っている場合など、誰がどれだけおやつをあげたか把握できないケースもあります。 どれだけ食べたか分からなければ、カロリーコントロールができません。 犬のために栄養バランスの取れた食事にしたい人はあまりおやつを与えません。 3. 犬が病気のためおやつをあげない 犬の中にも、病気で栄養管理されている子がいます。 そんな場合は、おやつをあげることが命取りになりかねません。 病気に配慮して、高カロリーなおやつをあげないと決めている飼い主もいます。 高齢の犬や持病持ちの犬に多いですね。 4. 犬がおやつを欲しがらないためあげない 人間にも、甘いものが苦手な人はいますよね。 犬のおやつは甘いわけではありませんが、食事にこだわりがある犬なら加工品のおやつに興味を示さないかもしれません。 犬が欲しがらない場合は、無理におやつをあげる必要はないでしょう。 5. おやつとしてはあげないが食事にプラスしている 間食やごほうびとしての意味合いでおやつはあげないが、普段の食事に「おやつと似たものを追加」して食事の楽しみを与えている飼い主さんもいます。 毎日きちんと決まった時間に食べるご飯と同じ扱いであれば、カロリーコントロールができ、おやつのあげすぎも防げるでしょう。

Photo

Rion

女子向け記事、動物系などその他幅広くちょこちょこ執筆しています。 普段は事務業に勤しんでいる30代女性です。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。