• 動画付記事
  • 2020/05/07

毎日おやつをあげても平気?正しい犬のおやつの与え方について

Photo

愛犬が可愛いからとついつい与えすぎてしまうのがおやつです。 では、実際にどんな時に、どのくらい、1日に何回くらい与えるのが正しいのでしょうか? 犬の健康を守るのは飼い主さんにとって大切な役目です。 犬のおやつの正しい知識を学び、いつまでも健康に過ごせるようにしましょう。

1.おやつはどんな時にあげたらいいの?

Photo

おやつはペットとのコミュニケーションを図る時やしつけをする際にとても役立ちます。 何のメリハリもなく与えるのではなく、きちんと指定の場所でトイレが出来た時や犬が苦手なシャンプーや爪切りなどを行ったあとに褒美として与えると良いでしょう。 もし毎日与えるのであれば、お散歩から帰ってきた時など時間やタイミングを決めると良いでしょう。

2.おやつの正しい回数と量

Photo

ついつい美味しそうに食べている姿をみるとたくさんあげたくなってしまいますが、1日に必要なカロリーを大幅に超えると病気になってしまうリスクが高まりますので気をつけましょう。 もし、今日はおやつを与えすぎたと思ったら、その日のドッグフードの量を少し減らし調節をすることが大切です。 おやつよりドッグフードの方が犬にとっての栄養価が高いので、おやつをたくさん与えてご飯を大幅に減らすことはNGです。 1日に数回、ご褒美程度に与えると良いでしょう。 犬は1度にたくさんの量のおやつを与えるよりも、こまめに回数を与えた方がご褒美をもらえた!と喜びます。 回数はそんなに気にしなくても良いのですが、その分、注意したいのは1回に与える量です。 こまめに与える分1回に与える量は、小粒のドッグフード1粒とか、小指の爪の半分くらいの小さいものを用意しましょう。 もちろん、犬の大きさにもよりますが、回数より一日あたりの量に注意しましょう。

3.ドッグトレーナーさんによるおやつを使った褒め方解説

ドッグトレーナーの長根さんによる、おやつを使ったわんちゃんの褒め方の解説動画です。 しつけやトレーニングの参考にぜひご覧ください!

4.まとめ

Photo

犬のおやつの量や回数やタイミングについてまとめましたが、いかがでしたか? 大切なのは1日のカロリーを超えないこと、むやみやたらに与えないことです。 きちんとご褒美とわかるように、お散歩が終わってから、苦手なシャンプーを頑張った時などルールを決めるとおやつのあげすぎも防止できますし、しつけもできるので一石二鳥です。 ぜひ、ご参考にしてください。

Photo

コジマアヤコ

フリーライター。 長年、医療関係に従事していたが、愛犬と1秒でも長く過ごせる職業にとライターに転身。 年齢の違う3匹のチワワと暮らしているため、老犬、成犬、子犬どの角度からの悩みにも対応できる。 趣味は旅行。 もう少し気楽に愛犬を連れていける方法や場所などを模索している最中。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。