• 犬の健康
  • 2020/07/26

うちの子は大丈夫?熱中症は後遺症や死亡もあり得る怖い病気

Photo

日本の夏は温度・湿度ともに高く、息苦しくて筆者は毎年この季節が近づくとうんざりしています。 ニュースでは毎年多くの人が熱中症にかかり、多くの人が亡くなります。 そしてそれはペットの世界でも同じようです。

1. どんな犬が熱中症になりやすい?

Photo

熱中症は主に高温多湿の環境や風通しが悪い環境で症状が出ることが多いです。 犬種としては、フレンチブルドッグのような短頭種やシベリアンハスキーのような原産国が北国の犬種が熱中症になりやすい犬種と言われています。 その他にも持病や老齢など、様々な理由で熱中症になる可能性があります。

2. 熱中症の症状、後遺症を解説!

Photo

1) 犬が熱中症になるとどんな症状が出るの? 犬が熱中症になり重症化すると、下痢、嘔吐、震えの症状が出たり、痙攣や発作を起こし、意識が朦ろうとするなどの症状が現れます。 さらにひどくなると、血便や血尿、ショック状態になり、命に関わる場合もあります。 2) 熱中症は後遺症が残る場合がある 重症の場合、命が救えたとしてもダメージを受けた部分の機能が低下し、後遺症が残ってしまう事があります。 例えば重度の脱水による循環器障害(血流が悪くなる障害)や腎不全、脳障害などが挙げられます。

【まとめ】

Photo

いつも元気な愛犬を見ていると「自分のところは大丈夫」「毎年のことだから今年も平気」と思ってしまうかもしれません。 しかし、どんなに元気な犬でも熱中症になってしまう可能性はあります。 いくら室温管理をしていても、たっぷりのお水をやっていても、油断せず愛犬の様子をよく観察してみてください。 ちょっとしたしぐさの変化を見逃して愛犬が熱中症になっているのに気づけず、死亡してしまったケースも少なくありません。 最悪の事態にならないように、愛犬の出すサインに注意を払ってあげるようにしましょう。

Photo

マーシャル

都内で働く国際結婚ママライター。 子育て&白柴オーナー共に3年目です。 場所にとらわれない生き方を目指して奮闘中。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。