• 幼犬・仔犬
  • 2020/01/15

意外と知らない子犬カフェとは?ドッグカフェと何が違う?

Photo

子犬カフェは、たくさんの子犬と触れ合える魅力的なカフェです。 可愛らしい子犬と触れ合いたい人は、子犬カフェに心惹かれるのではないでしょうか。 どんな特徴があるのか見てみましょう。

1.子犬と触れ合える「子犬カフェ」とは

Photo

1) 軽食やドリンクを楽しみながら子犬と触れ合える ドッグカフェには2種類あります。 「犬を見ながら飲食を楽しめるカフェ」と「愛犬と一緒に入れる喫茶店」です。 一般的に、子犬カフェと呼ばれるカフェは前者を指します。 場所によってルールは異なりますが、子犬を見たり、触ったりできるカフェです。 「犬を飼いたいけれど家の事情で無理」という方も楽しめるのではないでしょうか。 2) カフェにいる犬は子犬ばかり 子犬カフェには、生後数ヶ月の子犬がいます。 「子犬」と名前がついているため当然ですが、生まれて日の浅い子犬ばかりです。 犬を飼った場合、子犬の時期はすぐに過ぎ去りますが、子犬カフェでは子犬ならではの可愛さをもつ犬たちを眺めることができます。 3) 成犬は怖いという人でも通える 自分で飼っている犬は平気でも、初めて出会う成犬と触れ合うのは少し怖いと感じる人もいるでしょう。 子犬カフェの場合、一般的に成犬がいないため安心です。 純粋に犬に癒やされたい人も、子犬ばかりなら見ているだけで気持ちが穏やかになります。

2.犬と触れ合えるドッグカフェと子犬カフェの違い

Photo

成犬を扱うドッグカフェと、子犬カフェには違いがあります。 大きな違いは「子犬かどうか」ですが、他にも子犬カフェならではの特徴があります。 1) 成犬がいるかどうか 普通のドッグカフェにも、ときどき子犬がいます。 新しく犬を店に迎え入れた時や、オープン当初は子犬を見ることもできるでしょう。 しかし、基本的には成犬ばかりです。 どうしても子犬を見たいと考える場合は、子犬カフェが適しています。 2) 犬の入れ替わり時期が違う 子犬だけを扱うカフェの場合、成犬になると違う場所に引き取られます。 犬の場合1年程度経つと成犬と変わらない見た目になるため、子犬には見えません。 行き先や譲渡時期を決めるのは店舗ですが、子犬カフェでは数ヶ月ごとに犬が入れ替わることも多いでしょう。 普通のドッグカフェでは、基本的に同じ犬が長くカフェにいます。 同じ犬と触れ合いたいと考えるなら、一般のドッグカフェが向いているかもしれません。

Photo

Rion

女子向け記事、動物系などその他幅広くちょこちょこ執筆しています。 普段は事務業に勤しんでいる30代女性です。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。