• ごはん
  • 2020/01/14

愛犬のごはんを手作りするメリットと鶏肉を使った簡単レシピをご紹介!

Photo

飼い犬のために手作りのご飯を作ってあげたいと考えている飼い主はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか? 愛犬のためにご飯を手作りするのは難しいイメージがありますが、意外と簡単に作れるものも多くあります。 今回は愛犬のご飯を手作りに変えるメリットや、簡単レシピについてまとめました。

1.愛犬の餌を手作りにすることによるメリット

Photo

1) 愛情の詰まったご飯を与えられる 手作りすることによる一番のメリットは、飼い主の愛情がたっぷり詰まったご飯を与えられることです。 手間暇かけて作ったご飯の美味しさを愛犬はきっと感じ取ってくれるでしょう。 2) 安心・安全の原材料で作れる 一般的なドライフードには長期間保存するのに役立つ「保存料」をはじめ、数えきれないほどの添加物が含まれています。 それが犬たちの健康を脅かす危険性は十分にあることを考えると、手作りならば安心です。 飼い主がすべての原材料を把握しているため、無添加の体に優しいご飯だけを食べさせてあげることが出来ます。 3) 個体ごとの体質を考慮できる 愛犬のの年齢や体質によって食事内容を変えやすい、というメリットもあります。 それぞれの体に不足しがちな栄養を補うご飯は、愛犬の健康を守ることに直結するでしょう。 4) 持病の改善が期待できる 個体ごとの持病に効果的とされる食材をご飯に取り入れると、症状の改善が期待できます。 そのほかドライフードに比べて水分量が多いので、消化器官に負担をかけないという特長は便秘にも効果的です。

2.簡単に作れる犬用のご飯の手作りレシピ

Photo

1) 鶏肉&おからの肉団子 ①材料 ・鶏むね挽肉(40g) ・おから(大さじ2) ・人参(1㎝分) ②手順 人参をみじん切りにし、鶏むね挽肉とおからと一緒によくこねて混ぜ合わせます。 混ざったら愛犬のの口の大きさに合わせ、一口大に丸めてください。 出来上がった団子をシリコンスチーマーで2分ほど加熱し、熱が取れたら完成です。 2) 鶏ささみの犬ごはん ①材料 ・鶏ささみ(500g) ・人参(0.5本) ・キャベツや白菜等の葉野菜(2~3枚) ・ごはん(お好み量) ②手順 沸騰したお湯に鶏ささみを入れて5分茹で、その後、余熱で肉の中まで火を通します。 火が通ったら熱が取れるまで冷ましましょう。 次にキャベツと人参を適当な大きさにカットし、沸騰したお湯に入れて柔らかくなるまで茹でます。 野菜の水気をとった後、鶏ささみと野菜を細かく切って餌(ご飯)に混ぜ合わせたら完成です。

おわりに

Photo

愛犬のご飯を手作りすることによるメリットは沢山あります。 今回ご紹介したレシピを含め、料理が苦手な飼い主さんでも簡単に作れる犬用ご飯はたくさんあるので是非愛犬にも作ってあげてくださいね。

Photo

ゆかこ

動物が大好きなライター。 犬・うさぎ・ハムスターの飼育経験があります。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。