• 幼犬・仔犬
  • 2020/01/14

子犬から成犬への成長期の適正体重を維持する食事について

Photo

子犬を飼い始めたばかりの皆さんは、彼らの体重管理をしっかり行っているでしょうか? 子犬の成犬時の体格ごとに体重の変化過程や必要な食事量には差があるので、各個体にとって適切な飼育を行うことが重要となります。 今回は、子犬が成犬になるまでの適正体重や食事量などの変化を3段階の成長期に分けてご説明するので、気になる飼い主さんは是非ご覧ください。

1. 成長期初期

Photo

子犬の体重は、生後10日でおよそ2倍にまで増えます。 その後も小型犬で4か月程度、大型犬で5か月程度の時間をかけて、成犬時の約半分になるまで急激な増加を続けます。 愛犬の体重がこれと大きく異なる場合には食事の量や内容の見直しをした方が良いでしょう。 また、体重が大きく変化する時期なので、当然ながら食欲がとても旺盛です。 1日に成犬が必要とするエネルギー量のおよそ2倍を消費すると言われており、沢山食べても肥満体質になりにくくなっています。 食べたものがそのまま体を形成するため、食事量だけでなくその内容にも注意が必要です。 細胞作りに欠かせないたんぱく質を豊富に摂取できる子犬用のご飯を積極的に与えるようにしてください。

2)成長期中期

Photo

最も急激に成長する時期は終わり、体重の増加が緩やかになります。 この時期に入ったら次第に食事量を減らしていきましょう。 ご飯の内容についてはこれまでと同じで大丈夫です。 目安としては1か月ごとに前月の食事量を1割ほど減らしていき、それを体重が一定になるまで続けてください。 小型犬なら生後8か月、大型犬なら生後12か月の頃に体重が定まってくると思います。 食べ過ぎている場合、便が柔らかくなりすぎて下痢の症状が見られることがあるので気を付けましょう。

3. 成長期終盤

Photo

小型犬は生後9か月ほどで成犬と同じ体重に達します。 体重が安定してきたところでご飯を成犬用のドッグフードに切り替えるようにしてください。 大型犬は生後18~24か月を目安に小型犬同様、食事内容を変えていくようにしましょう。 いきなり全量を成犬用にすると戸惑ってしまう子が多いと思うので、少しずつ子犬用のご飯に混ぜて慣らしていく切り替え方をおすすめします。

まとめ

Photo

子犬の体作りに当たる期間の体重や食事管理はとても大切です。 成犬時の体格ごとの違いを意識しつつ適切な飼育を行うようにしましょう。

Photo

ゆかこ

動物が大好きなライター。 犬・うさぎ・ハムスターの飼育経験があります。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。