• 幼犬・仔犬
  • 2020/01/23

子犬の飼い初めに知っておくべきごはんの回数

Photo

子犬は成犬にかけて体が何倍にも成長するため、生涯で最も多い量のごはんを必要とします。 にもかかわらず、子犬の消化器官は未発達であるため、1度にたくさんの量をあげることで消化不良を起こすこともあります。 なので、こまめに分けてごはんをあげなければいけません。 目安は生後2ヶ月頃で1日に4回、3~5ヶ月齢で1日3回です。 適宜、便の様子をみるなどして回数を調節し、子犬の成長をサポートしてあげてください。

1.ご飯をあげる上での子犬の特徴

Photo

子犬は成犬と違って消化器官が未発達であり、一度にたくさんの量をあげると消化不良で下痢などを起こしてしまいます。 そのため、成犬と比較すると1日に与えるごはんの回数は多くなります。 また、子犬は低血糖になりやすく、ごはんが不足しないように十分な量を与えてあげなければいけません。

2.子犬には1日に何回ごはんをあげるか?

Photo

適切な回数は月齢や犬種により異なりますが、目安としては生後2ヶ月頃で1日に4回、3~5ヶ月齢で1日3回与えてあげてください。 こまめにごはんを与えることで子犬の消化不良を防ぐことができます。 ちなみにチワワやトイプードルなどの超小型犬では、3~5ヶ月齢でも1日4回に分けて与える必要があるなどの場合もあります。

3.迷ったら便の様子を見ながら調整する

Photo

一概に「1日○回」とは言い切れない部分もあるのが子犬のごはんです。 迷ったら愛犬の便の様子を観察してみてください。 便がゆるいようでしたら1回に与えるごはんの量が多すぎて消化不良を起こしている可能性があります。 反対に便が小さく硬い場合はごはんや水分が足りていないかもしれません。 便に異常があればごはんの回数を調節してみるほか、改善しないようであれば動物病院に連れて行ってあげてください。

4.子犬期には遠慮せずパッケージ記載の量のごはんをあげよう

Photo

生まれたての乳飲み子の大きさから成犬までは、何倍もの大きさに成長します。 成長を支える体つくりのために、子犬期は生涯で最も摂取カロリーを必要とします。 「肥満が嫌だ」「これ以上大きくならないでほしい」等とごはんの量を抑えるのはNGです。 遠慮せずパッケージ記載の量のごはんを与えて健やかな成長をサポートしてあげてください。

Photo

YU TAKADA

埼玉県在住の20代女子。 ライターとパートの兼業をやっています。 犬が大好きです。 ペット系の記事をはじめ、日用品や美容、化粧品などの商品おすすめ記事を書いています。 皆さんの知識を深めたり、面白いと思ってもらえるような記事を書けるように日々技術を磨いていきたいです。 よろしくお願い致します。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。