• きもち・しぐさ
  • 2021/01/20

犬がため息をつくのはなぜ? その時の気持ちや注意点を解説

Photo

飼い主の皆さんは、愛犬が「フーン」と鼻を鳴らすような「ため息」をついているところを見たことはありませんか? 犬も、人間同様にため息をつくことがあります。 そのため息にはどんな気持ちが込められているのか、気になりますよね。 そこでこの記事では、犬がため息をつくときの気持ちや"注意するべき"ため息についてまとめました。

1.リラックスしている時にでるため息

Photo

犬がため息をつくのは、リラックスしている時や満腹な時、遊びに満足した時が多いです。 例えば、散歩から帰ってきて「満足した、楽しかった」という気持ちの時や、ベッドなどゆっくりできる場所で「気持ちがいい、安心する」といった気持ちの時にため息をつくことは多いです。 これは私たちが暖かいお風呂や布団に入った時に「ふー」と息をつくのと同じ原理です。 体がリラックス状態になると、自律神経のうちの、副交感神経(心身の休息を促す神経)が優位に働きます。 これにより、体の筋肉の緊張が解け、心拍数は下がり、呼吸は深く大きくなります。 この「ため息」は休むことで無意識に出るものなので、特に心配はいりません。

2.緊張している時にでるため息

Photo

リラックスしている時とは逆に、緊張することでため息をついている場合も多いです。 緊張によるため息の要因は、主に以下の通りです。 ・不安がある ・恐怖を感じている ・なんらかのストレスを感じている いつも寝ているベッドが変わったなどの環境の変化で不安を感じた時や、叱られるなど恐怖を感じた時、ほかにも、知らない人が近づいてきたなどのストレスを感じた時に犬はため息をつくことがあります。 犬も人間も緊張状態になると、自律神経のうちの交感神経(心身の活動を促す神経)が働きます。 交感神経は、別名「闘争と逃走の神経」とも言われており、激しい運動時や、危険にさらされたときなどのストレス環境下で働きます。 交感神経が働くと、より多くの血液を筋肉や脳に送り込むために、心拍数は上がり、呼吸は浅くなります。 緊張によるため息は、この浅くなった呼吸をいわば「無理やり」深くする事によって落ち着こうとしているわけです。 これは私たち人間が、緊張しているときに深呼吸をして落ち着こうとする時と同じ原理で、犬も落ち着くために深い呼吸(ため息)をついているのです。 よく飼い主さんから、「愛犬を叱っている時にため息をつかれると、反省していないのかなと思ってしまう」というお話を伺います。 しかしこれは、「ストレスがかかりすぎて、もう限界だよ。」というサインでもあるので、直ぐに叱るのをやめましょう。 また、落ち込んでいる場合には、一緒に遊んだりして楽しい気分にさせてあげることや、時にはそっとしておいてあげることも大切です。

3.こんな「ため息」には要注意

Photo

何らかの呼吸器疾患や、循環器疾患の症状として、ため息が出てしまっている可能性もあります。 注意が必要なため息は、主に以下の通りです。 ・頻繁にため息をつく場合(息切れにも見える場合) ・ため息の他にも咳や、鼻水などの別の症状もみられる場合 このような症状がみられる場合に考えられる病気としては、肺や呼吸器の病気や心臓の病気が原因である可能性が高いです。 とくに気を付けてほしいのは、心臓の病気が原因である時です。 心臓の病気は、どれだけ早く発見できるかが大切です。 早期に発見できるほど、投薬したときの効果も変わると言われています。 ・息切れにも見えるため息 ・運動時に疲れやすい などの症状がみられる時は、できるだけ早く動物病院で検査をしてもらいましょう。

まとめ

Photo

ため息は、リラックスや安心したとき、不安や恐怖を強く感じたときに出る事が多いです。 緊張状態の時にため息をしている場合、かなりストレスを感じているという事なので、原因を探して、環境を改善してあげましょう。 犬が頻繁にため息をつく場合や、咳や息切れなどの他の症状も見られる場合は、何らかの呼吸器の病気や、心臓の病気が潜んでいる可能性もあります。 愛犬がため息をついた時は、他におかしいところがないかどうか、今の環境は愛犬にあっているかをよく観察してあげましょう。

Photo

harago

動物看護士、動物飼育スタッフ、生態販売員として勤務。 現在はドッグライフカウンセラーや愛玩動物救命士などの資格を活かし、webライターとして情報を発信しています。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。