• 住まい
  • 2020/01/15

犬のいる家を掃除するための注意点

Photo

犬のいる家で掃除をするときは、いくつか注意しておきたいポイントがあります。 まずは犬の安全性を考慮して掃除をしましょう。 使用する洗剤や道具も、人間だけが住む家とは少し違っています。

1. 犬のいる家を掃除するときの注意点とは

Photo

1) 洗剤やスプレーなどの使用に注意する 室内犬を飼っている場合、掃除に化学薬品を使ってしまうと犬がなめてしまう可能性があります。 きちんと洗い流せる場所や、犬が届かないエリアであれば大きな問題はありませんが、なるべく自然なものを使うほうが安心です。 たとえば口に入っても問題がない原料を使用しているスプレーなど、犬や子供に配慮した掃除用品はたくさんあります。 たとえば、重曹などの食品ならキッチンの汚れなどをきれいに掃除できます。 2) 犬の毛を取る専用の掃除道具を使う フローリングなどでは犬の抜け毛が比較的、簡単に掃除できますが、カーペットや布製品は通常の掃除用具が役に立ちません。 掃除機で吸い取ろうとしても、絡まってしまった毛はなかなか取れないでしょう。 粘着タイプのアイテムや、絡まった毛を取り除けるものを活用しましょう。 ローラータイプのエチケットブラシやクリーナーなど、抜け毛用の掃除道具は進化しています。 好みのアイテムを選びましょう。 ほうきや掃除機だけで掃除をしていると犬の毛が多くなり、アレルギーの原因になることも考えられます。 3) 掃除の最中、犬を別の部屋に移動させるなどの配慮が必要 ケージに入っておとなしくしている場合はそれほど問題ありませんが、掃除機を怖がるなど犬の状態によってはストレス軽減のために部屋を移動させるなどの配慮が必要です。 掃除中の部屋に犬がいなければ、掃除用品の誤飲やトラブルも防げます。 掃除は毎日の作業のため気を使いすぎるのもよくありませんが、細心の注意を払って作業を勧めましょう。 犬がいる場合、小さな子供がいる家庭と同様に考えるほうがリスクを軽減できます。

Photo

Rion

女子向け記事、動物系などその他幅広くちょこちょこ執筆しています。 普段は事務業に勤しんでいる30代女性です。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。