• 犬の健康
  • 2020/09/30

フィラリア予防をする上で知っておきたい豆知識

Photo

春になると動物病院では様々な病気に対する予防を飼い主さんに教えるため、繁忙期になります。 その中でも予防をするべき病気の1つ、フィラリア感染症という病気にフォーカスしていきたいと思います。 このフィラリア感染症をしっかりと予防している地域もありますが、地域によってはまだまだ予防できていない地域もあります。 今回はフィラリア感染症について簡単な概要、予防の時期、そして予防薬の種類についてご説明したいと思います。

1. フィラリアってどんな病気なの?

Photo

フィラリア感染症とは、簡単に説明すると、蚊によって媒介される寄生虫(フィラリア)がワンちゃんに寄生して起こる病気(感染症)です。 感染症ですが、原因であるフィラリアは寄生虫で、ウイルスや細菌ではありません。 フィラリアを持っているワンちゃんの血を蚊が吸血し、その吸血した蚊がフィラリアを持っていないワンちゃんに刺す事で感染が広がっていきます。 最初、蚊が吸血した時には、ミクロフィラリアという子虫が血管内に入り込み、半年くらいかけて徐々に成長しながら心臓に移動します。 その頃にはミクロフィラリアは成虫になり、紐やそうめんのような線形状で心臓や肺動脈に寄生することで心臓機能へ障害をもたらします。 最後に、心臓自体だけではなく、他の臓器にも悪影響を与え、最悪死にもつながります。 そんな怖いフィラリア感染症ですが、予防をしっかりと行えば100%防げる病気でもあります。

2. フィラリア予防はいつからスタートするの?

Photo

目安としては仔犬をお家へ迎えて2回目もしくは3回目の混合ワクチン接種後からスタートする事が多いです。 この頃(生後半年以内)にスタートすれば,血液検査をせずに投薬を開始することが出来ると言われていますが、動物病院によっては投薬前に血液検査を勧められる場合もありますので、かかりつけの獣医師さんに相談し、血液検査をしたり、体重に合った薬を処方してもらいましょう。

3. 予防期間は決まっているの?

Photo

フィラリア感染症は蚊が媒介するので、蚊の発生時期によって予防の時期も変わります。 日本は四季があり、地域によって蚊の発生時期が異なることから、投薬期間に差があります。 蚊の発生しない冬の間は休薬する地域が多いため、蚊が発生する時期、つまり春先に予防を始めるのが一般的です。 しかし、近年、地球温暖化問題により日本も暖冬の傾向が強く、冬場でも蚊がいたりすることがあるため、通年での予防を推奨している動物病院が増えつつあります。 休薬すると再開時に血液検査を勧められることが多いです。 通年予防し続けることでフィラリアを見つけるための血液検査を受けなくてもいいとメリットもあります。 予防薬は体重によって投薬量が変わるので、投薬する時のワンちゃんの体重を知る必要があります。 ですので、ワンちゃんが一緒でなくても体重さえわかればお薬だけ貰うこともでき、ワンちゃんへの採血の負担を減らすことも出来ます。(動物病院によっては違う場合もあります。)

4. 予防薬には様々な種類がある

Photo

予防薬にはいくつか種類があります。 ・食べるタイプ(チュアブル・錠剤) ・塗布する液体タイプ ・注射タイプ 食べるタイプの中でも、チュアブルタイプはワンちゃんにとって嗜好性が高く、おやつ感覚で食べてくれるので毎月の楽しみにしてくれるワンちゃんもいますね。 食べるタイプの予防薬が苦手なワンちゃんには、首の後ろ(舐められない場所)に塗布するタイプの予防薬がおすすめです。 毎月食べさせてあげたり、背中に塗布したりを忘れてしまう飼い主様は、注射タイプで利用される事が多いです。 なぜかというと、注射タイプは1年間予防できるからです。 (体重が安定していない仔犬は使用出来ない、予防薬によっては取り扱っていない動物病院もあるので、詳しくはかかりつけの動物病院へご相談下さい) 近年では、フィラリア以外もノミ・ダニ・消化管系の寄生虫なども一緒に予防出来るオールインワンタイプの予防薬もあります。 新しい予防薬も開発され、日々進歩しています。 病気の予防、健康管理も飼い主さまの大切な役割になるので、ワンちゃん一人一人に適したお薬を選んであげたいですね。 予防薬の種類によっては動物病院に在庫として置いていない場合もありますので、希望する予防薬を置いているかは、直接かかりつけの動物病院へ確認しましょう。

Photo

tonton

街でワンちゃんを眺めるのが大好きなアラフォー女子が、コラムに初挑戦! 自身にできる事を模索し、フリーランスに転向。 色々なご縁を大切にワンちゃんたちの幸せを願うドッグトレーナー。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。