• お世話と身だしなみ
  • 2020/07/15

犬のノミダニ予防はいつするべき時期?通年が理想的?

Photo

犬を飼う上で、気をつけたいことの1つがノミダニ予防です。 大切な飼い犬がノミやダニに寄生されないためには、いつ対策を始めれば良いのでしょうか。 この記事を読んで適切な時期を知っておきましょう。

1. 犬のノミダニ予防をする時期はいつ?

Photo

ノミやダニの予防や対策は大切と考えている飼い主さんは多いと思います。 「どんなタイミングで対策をすれば良いの?」と悩むこともあるでしょう。 結論から申し上げると、ノミやダニが活動する時期は対策が必要となります。 そこで、ノミやダニが活動する具体的な時期を確認しておきましょう。

2. 犬のノミダニ予防は虫の活動が活発な4〜11月の時期は必須!

Photo

一般的な虫と同様に、ノミやダニも春から秋までが活動の時期です。 秋が来て気温が低くなると、多くの虫は活動を停止します。 冬になるとノミやダニも活動は弱くなります。 なので、一般的には4月から11月まで対策を心がけるのがよいとされています。 しかし、暖房設備が整った室内では冬でもノミやダニの活動も止まることはありません。 ですから、冬でも気を抜かずノミダニ対策を心掛けましょう。

3. 犬のノミダニ予防の時期は通年が理想的?

Photo

獣医さんなどのサポートがあれば、犬のノミダニ予防は簡単にできます。 月に1回駆除薬を服用するなど、手軽な対策が多いですのでそれほどの負担にはならないでしょう。 ほとんどの時間を室内で過ごし、外出時にも草むらなどノミやダニのいそうなところに行かないという場合は、通年で対策する必要はないかもしれません。 しかし、冬でも活動するダニがいる以上、外出が多い犬の場合は通年での対策が必要です。 獣医師さんも、犬のノミダニ予防を通年で行うよう勧めている方が多いはずです。

4. 子犬のノミダニ予防をする時期はいつから?

Photo

子犬を迎えた場合、どのくらいの時期にノミダニ予防を始めればよいのか、悩む方もいらっしゃるでしょう。 生後2〜4ヶ月頃に獣医師の指示で予防を行うのが一般的ですが、野良犬や育てられた環境によっては早めの予防が求められることもあります。 ワクチンなどの接種をした際に、ノミダニ予防に関しても獣医師さんに確認しておきましょう。

5. おわりに

Photo

犬のノミダニは予防することでほぼ防ぐことが出来るものです。 4月~11月にかけての時期は増えてくるので、甘く考えずにしっかり予防していきましょう。

Photo

Rion

女子向け記事、動物系などその他幅広くちょこちょこ執筆しています。 普段は事務業に勤しんでいる30代女性です。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。