• 住まい
  • 2020/01/28

愛犬が室内でマーキングをするときの対処法

Photo

トイレトレーニングはできているにも関わらず、室内のあちこちにおしっこをかけるマーキングにお困りの飼い主さんはいらっしゃいませんか? もしそのように室内でマーキングをしてしまっている場合には、大きく2つの要因が考えられます。 それは「縄張り意識」と「ストレス」です。 今回は、室内でマーキングをする愛犬への対処法についてご紹介します。

犬のマーキングの対処法①:犬の活動範囲を狭くする

Photo

犬のマーキング行動は主に縄張り意識の表れ、つまり「この家は自分のテリトリーだぞ!」と強く主張するために、自分の臭い(尿)をつけます。 ですので、そのテリトリーが広ければ広いほどマーキングの場所や回数が増えます。 もし、愛犬が自由に室内を歩ける状態なら、まずは愛犬の行動範囲を狭くするようにしてみましょう。 犬の居場所を1つの部屋に決めて、その他の部屋には入らせないようにします。 最終的には、犬に「自分のケージ=自分のテリトリー」だと認識させられれば理想的です。 余談ですが、犬の縄張り意識の強さの原因には、自分を家族のリーダーだと勘違いしている場合が多々ありますので、飼い主さんとの主従関係が逆転しないように躾けることも忘れないで下さい。

犬のマーキングの対処法②:室内でのマーキングの前触れ行動を見逃さない

Photo

犬がマーキングをする時には、くんくんと床の臭いをかぎながらソワソワしたり、片足を上げようとしたりと、必ず何らかの前触れ行動をします。 このサインを見逃さないでください。 これらの行動を見かけたら、すかさず声をかけ、音の出るおもちゃなどでマーキングから犬の気を逸らします。

犬のマーキングの対処法③: 愛犬のストレスや寂しさを和らげてあげる

Photo

ストレスや寂しさからマーキングをする場合があります。 例えば、 ”新しい子犬を迎えて、家族がその子犬に夢中になっている” ”飼い主さんのライフスタイルが変わり、犬が1人でいる時間が増えた” など、このような環境の変化は犬に大きなストレスや寂しさを与えてしまいます。 このような場合は、飼い主さんにかまって欲しくてマーキングをしている可能性がありますので、愛犬と触れあう時間や回数が減っていないか1度振り返ってみてください。 スキンシップが不足している等と気づいたら、時間のあるときに散歩に出かけたり思いきり遊んだりして、愛犬のストレスや寂しさを解消してあげましょう。

犬のマーキングの対処法④:尿の臭いを残さない

Photo

尿の臭いが残っていると、犬はまたその場所におしっこをします。 カーペットや畳に尿が沁み込む前におしっこの始末をして、消臭を徹底してください。

室内での犬のマーキングは対処すればしなくなる!

Photo

これらの対処法に時間をかけて実践していけば、室内でのマーキングはおさまります。 お困りの飼い主さんはぜひ試してみてください!

Photo

路美

私の傍らにはいつもワンコがいます。 ワンコのいない生活は考えられないくらい、私の人生の一部となっています。 嬉しい時も悲しい時も、いつも変わらない誠実さで私を癒やしてくれるワンコたち。 人と犬が心地良く共存していくためのお手伝いをさせて頂けるなら、こんなに嬉しいことはありません。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。