• ファッション
  • 2020/01/15

犬に服を着せっぱなしはNG?理由を解説

Photo

可愛い洋服を着て歩く犬を見るとついホッコリしてしまいますね。 しかし、いくら可愛くても犬にずっと服を着せっぱなしにするのは、あまりよくないと知っていましたか? 人間とは違い犬は言葉が話せないので、ここでは犬に服を着せっぱなしにするとどんな問題が起こるのかについて解説していきます。 また、服を着せたほうがいい時についても説明していますので、参考にしてみて下さい。

1. 犬に服を着せっぱなしで起こる問題とは?

Photo

犬の洋服を着せっぱなしにすることで起こる可能性のある問題は以下になります。 ・犬は暑さに弱いため体調を崩すことがある ・皮膚が擦れて痛くなる ・蒸れることで皮膚病になる ・犬の性格によっては精神的にストレスになる 犬は人間と違い身体に汗腺がないので、体温調整が苦手な動物だといわれています。 特に暑さにはとても弱いので、服を着せっぱなしにすると暑すぎて体調が悪くなったり、蒸れて皮膚病になったりする可能性があるようです。 そのため、犬が口をあけて舌を出し「ハァハァ」と呼吸を始めたときは暑いというサインですので、すぐに服を脱がしてあげるようにしましょう。 外出などで犬を一匹にする時には服は脱がせておいたほうが良さそうです。 爪が服に引っかかってしまっても犬は自分でとることができないので、飼い主が帰るのを待たなければいけなくなります。 また、服を着せっぱなしにしたことで皮膚が擦れて怪我をしてしまうこともあります。 犬は痛くなってもうまく訴えることができませんので、服を着せた時の反応を注意深く観察して何か問題になっていないか?なりそうではないか?と、確認するようにしましょう。

2. 犬に服を着せるべき時

Photo

犬が服を着るのを嫌がっても、着せたほうが良い時もあります。 怪我などでなめたり、掻いたりしてほしくない箇所がある時は服を着せることで怪我の治癒を促すことができます。 また、雨の日の散歩のレインコートや寒くて震えている時の防寒着は犬の体を守ってあげることができるので大変おすすめです。 犬の服は基本的に着せっぱなしはやめた方がよいですが、服を着せるメリットがある場合は観察しながら対応してあげると犬も快適に過ごすことができるでしょう。

Photo

かりんこ

動物が大好きで、現在は猫2匹と一緒に暮らしています。 長く一緒に暮した犬は高齢で亡くなってしまいましたが、愛犬と共有した様々経験を含めながら記事を執筆しました。 これから犬と一緒のHAPPYライフを始める方たちのお手伝いが少しでもできたら嬉しいです。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。