• ごはん
  • 2020/01/27

オーガニックのドッグフードが体に良い理由とは

Photo

私たちの食生活でオーガニックが注目されていますが、注目されているのはヒトだけではありません。 実は、犬のドッグフードにもオーガニック食材を使用したものがあるのです。 オーガニックは体に良いと頻繁に聞きますが、そもそもオーガニックとはどのようなものを言うのでしょうか? ここでは、オーガニックに関する疑問や愛犬にオーガニックドッグフードを選ぶ際のポイントをご紹介していきます。

1.オーガニックドックフードを知ろう

Photo

1) オーガニックとは オーガニックは、農薬や化学肥料を使用せず、自然の恵みのみでできたもののことを言います。 また、オーガニックの基準は国によって異なり、日本の場合は農林水産省の基準を満たさないと、オーガニックの表示ができない仕組みになっています。 2) オーガニックのメリット オーガニックの食材を使用して作られたドッグフードには、農薬や抗生物質・成長ホルモンが100%使用されていないことから、残薬がなく安心して与えることができます。 また、人工的でなく自然に近い味を出せることから、食いつきにも期待が持てます。 3) オーガニックドッグフードのデメリット 一方、オーガニックドッグフードは他のドッグフードに比べると価格が高めに設定されています。 なぜなら、ドッグフードの原料となるオーガニック食材は、育てるのに時間や手間がかかるため、オーガニックでないものに比べて、どうしてもコストがかかってしまうからです。

2.オーガニックドッグフードを選ぶポイント

Photo

1) オーガニックの認定の有無があるか 農林水産省のオーガニック認定の基準を満たさないと、オーガニック表記ができません。 また、農林水産省の認定(JASマーク)は食品を対象としているため、ドッグフードは日本では認定の対象外となっています。 そのためメーカーによっては、ドッグフードの原材料にJASマーク認定を受けたものを使用していたり、外国の機関でオーガニック認定を受けている、という表記をしているものがあります。 そういった表記に注目して選んでみましょう。 2)肉や魚が主原料のものを選ぶ オーガニックドッグフードの場合、主原料が穀物の場合もあります。 しかし、犬はたんぱく質を必要とするため、主原料は肉か魚のものを選ぶようにしましょう。 3)愛犬の体質にあっているものを選ぶ オーガニックだからアレルギーが起きないということではありません。 そのため、体に良いと思っているはずが、逆にアレルギーを発症してしまうこともあります。 アレルギーがある犬の場合は、購入前に原材料をよく見るのはもちろん、今まで起きたことがない場合でも、与える際は少量からスタートするようにしましょう。

Photo

ryooooo.co

動物が大好きで、犬2匹、猫2匹と一緒に暮らしています。 動物にまつわる様々な情報をお届けしたいと思っています。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。