• おやつ
  • 2020/01/19

愛犬のおやつタイム、ベストなタイミングは?

Photo

あなたはどんな時に愛犬におやつを与えていますか? 何も意識せず、自分の食事のついでにあげたり、ほしがった時にいつでもあげたりしていませんか? おやつの種類や量には気をつけていても、与えるタイミングを意識している飼い主さんは少ないようです。 犬はおやつが大好きな動物。 幸福感を満たしてあげたり、信頼関係を築いたりするために、おやつは重要なアイテムです。 ここでは、ベストなおやつのタイミングについて考えてみましょう。

1.愛犬のおやつのタイミング、基本ルール

Photo

1) しつけの時、行動の直後に 当たり前のようであまり意識されていないのが、しつけのご褒美としておやつを与えること。 犬は本来飼い主さんの指示に従い、褒めてもらうことに喜びを感じる習性をもっています。 単におやつをあげるだけでなく、良い行動をした後にあげることによって、同じ量のおやつでも、犬はより大きな喜びを感じることができます。 「命令や注意をして、従ったらおやつを与える」という一連の流れが大切です。 さらに、犬の行動の直後(2秒から3秒以内)に与えることも重要。 自分の行いの結果としておやつをもらったことを、犬が理解するためです。 時間が経ってからおやつをもらっても、犬はどうしてもらったのか理解できません。 命令をだす前に、手におやつを準備しておき、従ったらすぐに与えるようにしましょう。 2) 欲しがったタイミングでは与えない おやつの喜びを知っている犬は、どんな時もおやつを欲しがります。 おねだりされるとついあげたくなってしまいますが、ここは我慢。 欲しがった時に与えてしまうと、いつでももらえると勘違いしてしまいます。 そしてもらえないと、怒って吠えたり噛みついたりといった行動をとるように……。 頻繁におやつをもらっている犬は、だんだんとおやつに興味を示さなくなり、しつけの時のご褒美としての効果もなくなってしまいます。 欲しがっている時は与えるタイミングではありません。 また、吠え続けるなど困った行動をした時に、止めさせるためにおやつを利用することもNG。 吠えればおやつがもらえると思わせてはいけません。

2.ベストなタイミングで信頼関係アップ

Photo

以上の2つの基本ルールが日常的に守られている犬には、おやつを様々に有効活用できます。 ストレスがかかるトリミングやお風呂、病院受診の前後などに、ご褒美として与えたり、他の犬とのケンカなどで興奮した後に、落ち着かせるために与えたり。 犬はおやつをもらうことで安心感を得て、忠誠心が増すでしょう。 正しいタイミングで与えることで、愛犬とのコミュニケーションが円滑になり、より信頼関係を深めることができます。

Photo

double-y

子育てのかたわらフリーライターを続けて5年。 ライフスタイル、ファッション、フード、ペット関連の記事が得意です。 雑誌編集経験10年以上。取材・校正などにも対応します。 思いやりと温かみの感じられる記事を心がけています。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。