• ごはん
  • 2020/01/19

犬の健康を助けるプロバイオティクスを知ろう

Photo

近年よく耳にする「プロバイオティクス」というコトバ。 体内に善玉菌を増やし、腸内フローラを改善することによって、健康を促進するための補助食品です。 この流行の波はペット業界にも広がってきており、犬用のプロバイオティクス・サプリはさまざまな種類が出まわっています。 善玉菌は本当に、犬にとっても有効なのでしょうか? またどんな効果が期待できるのでしょうか? プロバイオティクスの基礎知識を身につけて、愛犬の健康増進への理解を深めましょう。

1.プロバイオティクスによって期待できる、犬への効果とは

Photo

1) お腹の不調を改善して、毎日快調に プロバイオティクスによって期待できる一番の効果は、便秘や下痢などのお腹の不調を改善することです。 ペットの便は体調を知るバロメーター。 排便トラブルは愛犬にとって大きなストレスになります。 犬の便や排便パターンがいつもと違う場合、腸内のビフィズス菌が減少し、腸内細菌のバランスが崩れていると考えられます。 栄養バランスの乱れや運動不足、ウイルス感染や加齢による老化など、さまざまな原因が考えられますが、プロバイオティクスの摂取によってこれらを正常に戻すことができます。 早い場合は摂取後数日から数週間で、犬の便の状態が改善されるという報告もあります。 2) 免疫力を上げて、愛犬を老いない体に プロバイオティクスに期待できる大きな効果の一つに、免疫力アップがあります。 病原菌を体内から排出させたり、ウイルスを弱体化させたりすることで、感染に強く病気にかかりにくい体にします。 また、アレルギーの抑制作用があることも証明されています。 アトピーなどのアレルギー性皮膚炎をはじめ、食物過敏や、ダニ・ノミなどの寄生虫によって皮膚炎が慢性化している犬にも効果があります。 さらにビタミンの吸収を良くし、抗酸化力もアップさせるため、高齢犬に継続的に与えることで、老化による食欲不振や関節炎などの予防も期待できるのです。 3) 歯周病予防への効果にも期待 歯磨きなどのオーラルケアを嫌がったり、口臭が気になったりする犬には、歯周病予防の観点からもプロバイオティクスが有効です。 歯周病は心筋梗塞や血栓症などさまざまな病気の原因にもなります。 そこでプロバイオティクスの継続的な摂取で、口腔内の善玉菌を増やし、細菌感染を防ぐことにより、これらの病気から愛犬を守ることができるのです。 プロバイオティクスが含まれた歯磨きガムなども販売されていますので、愛犬が嫌がらない方法で、日常のなかに無理なく取り入れましょう。

Photo

double-y

子育てのかたわらフリーライターを続けて5年。 ライフスタイル、ファッション、フード、ペット関連の記事が得意です。 雑誌編集経験10年以上。取材・校正などにも対応します。 思いやりと温かみの感じられる記事を心がけています。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。