• お仕事のわんこ
  • 2020/02/12

すぐれた嗅覚を活かして働くユート号

Photo

空港で大型犬とパートナーの訓練士が、何かを探している様子を一度はニュースなどで目にしたことがあると思います。 でも、何のためにそんなことをしているか、ご存知でしたでしょうか?

すぐれた嗅覚を活かして働くユート号

Photo

昭和54年、増加傾向にあった違法薬物などの密輸を防止するため「優れた嗅覚を発揮する麻薬探知犬」が導入、配備され、現在では全国に約130頭の優秀な犬たちが最前線で活躍しています。 大阪税関では、20頭の麻薬探知犬が違法に持ち込まれる薬物の発見にあたっています。 その麻薬探知犬の1頭、ユート号はラブラドールレトリバーの4才、いつもパートナーである訓練士の藤野さんと一緒に現場でお仕事を行い、薬物を発見するとご褒美として大好きなタオルで遊んでもらうのです。 ユート号の動画はこちら↓ https://www.youtube.com/watch?v=q2NYFAqOTKQ ベルトコンベヤーにのって流れてくる手荷物を、素早く移動しながら検査するユート号のお仕事ぶりは、とても優秀であり、違法薬物持ち込み防止の「最後の砦」としてのプロという雰囲気を醸し出しています。 しかしながら、藤野さんいわく「ユート号はお仕事というよりも、ゲームを楽しんでいる」感覚で、違法薬物を発見しているそうです。 それは違法薬物のニオイのする荷物の前に座ると、大好きな藤野さんに褒められて、しかも遊んでもらえるご褒美が待っているからです。 このように全国の麻薬探知犬の活躍によって、違法な薬物の密輸が水際で防止され、私たちの生活の安心安全が守られているのです。 出典元:https://www.youtube.com/watch?v=q2NYFAqOTKQ 本記事の元となる記事など:https://www.sankei.com/photo/story/news/180503/sty1805030001-n1.html

Photo

hiro190

日々、愛犬とのステキなドッグライフを堪能し、そこから犬のさまざまな能力や行動を探究しながら、新たな犬の魅力発見に感動です。 これからも犬の気持ちに寄り添い、お互いどのような時でも支え合い楽しく生活していけるよう進みます。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。