• きもち・しぐさ
  • 2021/02/25

犬の異常なパンティングは病気のサイン?

Photo

飼い主の皆さんは、愛犬がお散歩の時や激しく運動した時に、ハアハアと舌を出しながら呼吸をしているのをよく目にするかと思います。 この呼吸はパンティングと呼ばれます。 健康な犬のパンティングはしばらくするとおさまります。 しかし、異常に早い呼吸やよだれを垂らしパンティングが止まらないときなどには、何らかしらの病気が疑われます。 飼い主さんは、日頃よりパンティングを行う愛犬の様子を注意深く観察することが重要であり、異常なパンティングを見逃さないことは、病気の早期発見にもつながります。 この記事では、パンティングとは何か、そして注意すべき異常な状態や疑われる病気などもご説明していきます。

1.健康な犬が行う普通のパンティング

Photo

1) そもそも犬はなぜパンティングするの? 私たち人間の身体中には汗腺があり、体温が上昇すると発汗作用が働いて汗をかき、その汗を蒸発させることで体温の調節を行います。 しかし、犬の場合は汗腺が足裏など限られた部分にしかなく、人間のように発汗によって体温を調節することができません。 ですので、汗の代わりに舌を出して唾液を蒸発させることで体温を調節するのです。 これがパンティングです。 2) どうしてハアハアと息づかいが荒いの? 犬が舌を出して早く荒い呼吸をする理由は、舌や口腔内の唾液を蒸発させたり熱を放出し、体の体温を下げるためであり、おおむね犬は喘いで呼吸を行います。 健康な犬であれば体温の低下とともにパンティングは自然におさまりますので、心配はいりません。

2.病気の疑いがある注意すべき犬のパンティング

Photo

1) 注意すべき異常な症状 普段するような正常なパンティングに対して、いつもと違うような状態が見受けられる場合には早めに獣医師の診察を受けましょう。 その時に注意すべき点は、 ・パンティングがとまらない ・熱くないのにパンティングする ・息づかいに異音が混じる ・体の震え などがあげられます。 2) 疑われる病気 異常な状態をともなうパンティングの際に考えられる犬の病気を把握しておくと、いざという時に役立ちます。 その病気は「心臓疾患」です。 心臓のポンプの働きが弱まると血液を送り出すパワーが低下しますので、体に必要な酸素が不足し呼吸がとても荒くなるのです。 それとは別に、肺にトラブルが生じると酸素を取り込む働きに支障をきたますので、心臓疾患があるときと似たような症状がみられる場合があります。 そして十分に注意すべきは「熱中症」であり、夏を過ぎても高温多湿の環境に長時間いると呼吸が激しくなり、脱水などさまざまな症状があらわれます。 犬を普段から観察し、いつもと様子が違うなと感じたら、早めに獣医師の診察を受けましょう。

Photo

hiro190

日々、愛犬とのステキなドッグライフを堪能し、そこから犬のさまざまな能力や行動を探究しながら、新たな犬の魅力発見に感動です。 これからも犬の気持ちに寄り添い、お互いどのような時でも支え合い楽しく生活していけるよう進みます。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。