• びっくり
  • 2020/02/04

警察犬が解雇される?!その理由にびっくり!

Photo

優れた嗅覚を活かし数々の事件解決の手助けをしている警察犬、ニュースで見たことがある方も多いのではないでしょうか? 警察犬は、幼少期から厳しい訓練を続け、選ばれた犬だけが警察犬として活躍するこができます。 つまり、厳しい訓練を重ね警察犬になれる犬がいる一方、訓練を重ねても警察犬にはなれない不向きな犬や、警察犬にはなれたものの、途中で【解雇】されてしまう犬もいるのです。

警察犬が解雇される?!その理由にびっくり!

Photo

オーストラリアの警察犬一家に誕生したジャーマン・シェパード・ドッグのガベルも、残念ながら解雇されてしまった経歴を持っています。 生後10週目から、厳しい訓練を続けたガベルは、警察犬としては初めてともいえる住み込みでの州総督府の公邸任務という仕事を任されるようになりました。 しかし、任務開始から数か月後、ガベルは【愛嬌が良すぎる】という理由で警察犬を解雇されてしまうことになりました。 本来、警察犬は事件解決の手助けをする一方、危害を加えてくる人間に立ち向かうことも必要とされます。 しかし、人懐っこいガベルは、攻撃性がないことから任務には不向きと烙印を押されてしまったのです。 厳しい訓練を続け警察犬になれたのに、わずか数か月で解雇されてしまったガベルですが、現在は今まで以上に責任重大な任務【クイーンズランド州総督専属の総督犬】という役割を担っています。 画像はこちら↓ https://www.instagram.com/p/BZkKVzJFFMk/?utm_source=ig_embed 人懐っこいガベルの性格を活かし、公用犬としてたくさんの人たちを笑顔にするガベルには、警察犬よりも【クイーンズランド州総督専属の総督犬】が適任というのは、言うまでもありませんね。 出典元:https://www.instagram.com/p/BSzNYqhgkdx/?utm_source=ig_embed 本記事の元となる記事など:https://news.biglobe.ne.jp/animal/0731/grp_190731_3257614688.html

Photo

ryooooo.co

動物が大好きで、犬2匹、猫2匹と一緒に暮らしています。 動物にまつわる様々な情報をお届けしたいと思っています。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。