• 映画・TV・本
  • 2020/08/28

犬のかわいさを満喫できるオススメ実写映画3選

Photo

新型コロナウイルスの影響で、予定していた旅行・イベントなどが中止になってしまい気分が沈んでいる方も多いと思います。 そんな時はおうちでワンちゃんが出ている映画を鑑賞して、ワンちゃんたちの愛らしさに癒やされてみてはいかがですか? 今回は、ワンちゃん大活躍の実写映画オススメ3作品をご紹介します。

1.「ベートーベン」

Photo

1992年公開で、日本ではあまり見ることがないセントバーナードが登場するコメディ映画「ベートーベン」。 犬が大嫌いなお父さんがいる家族に、ペット泥棒から逃げ出したセントバーナードの子犬が迷い込みます。 「ベートーベン」と名付けられたその子犬を飼い始めたことから始まるドタバタありワクワクありのこの作品。 大型犬を飼ったことのある人なら分かる大型犬あるあるや、大型犬ならではのダイナミックな動きが楽しめます。 続編のベートーベン2以降も、設定を変えるなどして今では全部で8作品ものシリーズになっています。

2. ディズニーアニメ原作「101」

Photo

ディズニーのアニメ映画「101匹わんちゃん」の実写版です。 101匹のダルメシアンが登場するとても有名な作品ですね。 こちらも公開が1996年の作品ですが、題名の通り、登場する101匹の犬たちに圧倒されます。 ダルメシアンのポンゴとパディータが誘拐犯に連れ去られた自分の仔犬たちを助け出すストーリーです。 有名な悪役クルエラも、名女優のグレン・クロースが見事に演じきっています。 本物の犬だからこそ、その動きに夢中になり、いつの間にか映画の世界に引き込まれてしまいます。 2001年には続編を描いた「102」が公開されています。

3. レトリーバー好きにはたまらない「エア・バディ」

Photo

学校にうまく馴染めないスポーツ少年と、天才的なスポーツの才能を持つゴールデンレトリバーのバディがスポーツを通して友情を育みながら成長していくファミリー映画です。 全5作からなるこのシリーズでは毎回違うスポーツで活躍するバディの姿が楽しめる映画となっています。

まとめ

Photo

以上、おすすめワンちゃん映画3選をご紹介させていただきました。 ステイホーム続きで沈んだ気持ちを今回ご紹介した映画があっという間に吹き飛ばしてくれること間違いなしです。 ワンちゃんが持つエネルギーは画面を通しても人を元気にしてくれます。

Photo

mari

中学生の頃よりゴールデンレトリバーを飼っていたこともあり、その子以来ブランクはありましたが、一昨年より念願叶いイングリッシュコッカーを飼っていて、ペットを取り巻く環境の変化にも驚かされています。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。