• 愛護と保護
  • 2020/01/23

保護活動で殺処分の減少!犬に明るい未来を

Photo

ペットブームに乗って動物を飼い始める人たちがいる中、犬が飼えなくなった、虐待を受けている、捨てられた、行方不明になった、などの理由で保護される犬はとても残念ですが後を絶ちません。 人気のある犬種を過剰なまでの繁殖を行った利益優先の業者や、安易な気持ちで購入する飼い主たち。 犬の最期まで責任を持ってこそ犬と関わる資格が与えられるはずですが、その命を軽く考えているという問題点が浮き彫りになっています。 飼い主の意識の低さはあまり改善されていないので、殺処分される犬は減少してはいるものの、殺処分ゼロには程遠い現状となっています。 殺処分ゼロを目指して、保護活動をしている団体が数多くあります。 今回はその取り組みについてご紹介します。

1.犬の命を守る保護活動とは?

Photo

1)犬の保護活動の現状は? 保健所などに引き取られる犬の数は年間で約50千頭弱、そのうち攻撃性のある犬や、治癒しない病気を持った犬、新たな飼い主を探すことが困難な犬も含め約16千頭が殺処分されているのが現状です。 こういった犬を救い、殺処分を減らすことを目的に保護活動が行われています。 2)犬の保護活動とは?  保健所で保護されている犬を引き取り殺処分を防ぐこと、引き取った犬の飼育はもちろんですが、新たな飼い主を探して譲渡することも行っています。 引き取った犬に何か問題点があれば、それをクリアするための処置も行います。 例えば、病気が見つかれば獣医師による治療、行動面の問題が見つかれば訓練士によるしつけなどを施します。 また、新たな飼い主が見つかれば誰でも譲渡されるわけではなく、飼い主として必要な要件を満たしているか?についての審査も行っています。 このために、事前の登録や講習会の開催を行っている団体もあります。 3)犬の保護活動で手伝えることは? このような保護活動はNPO法人やボランティア、若干数のメンバーの手で運営されています。 犬の保護活動を手伝うのであれば、ボランティアを募集しているところに参加するという方法があります。 また、直接参加できなくても運営資金を寄付する、物資を提供するといった参加方法もありますので、興味がある方は検討してみてはいかがでしょうか?

Photo

momo0530

アウトドア大好きの女性ライターです。 趣味として、登山・キャンプ・旅行・映画・ガーデニングを楽しんでいます。 長時間勤務で体調を崩したことをきっかけに会社を退職し、現在はライターとして独立できるよう奮闘中。 役に立つ記事をお届けできるように心がけています。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。