• 犬の健康
  • 2020/12/06

犬の平熱は何度?はかり方や発熱のサインとは

Photo

皆さんは犬の平熱をご存じですか? 触ってみてわかるように、犬の体は私たち人間より暖かく感じます。 なぜ、犬の体温は人よりも高いのでしょうか? この記事では、犬の体温が高い理由や犬の平熱、体温のはかり方、発熱する原因などを詳しくまとめました。

1. 犬の平熱は何度?

Photo

健康な犬の体温は、38℃~39℃です。 人と比べるとかなり高いので、初めて知ったときに驚く方も多いのですよね。 大きさや、年齢などによって犬の体温には幅があり、小型犬の方が大型犬より平熱は高めで、年を取ると新陳代謝が下がることから平熱は低くなる傾向にあります。 1)なぜ犬は人間よりも体温が高いのか 犬の平熱はなぜこんなに高いのでしょうか? その理由としては、運動量が関係していると考えられています。 恒温動物は毎日の活動量が大きいほど体温も高くなる傾向があります。 一般的に犬の運動量は人間より多いので、犬の方が人間よりも平熱が高いと考えられています。

2. 犬の体温の測り方

Photo

私たちはわきの下で体温測定をするのが一般的ですが、犬の場合は被毛で覆われているため、肛門で測定する方法が一般的です。 使用する体温計は、人間用の体温計でも代用できます。 でも、でいれば犬専用の体温計を使いましょう。 犬用の体温計は先が柔らかくなっていて、肛門を傷つけにくいようになっているものが多いです。 安全性や衛生面に配慮してあげたいですね。 はかり終わるまで暴れてしまわないように、出来れば犬の体を固定しておきましょう。 見様見真似で行うと犬用の体温計でも肛門や直腸を傷つけてしまう危険があるため、見様見まねではかることは止め、獣医師などに正しい測り方を教わることをおすすめします。 非接触式の体温計もあるので、このはかり方であれば心配しなくても良いですね。

3. 犬が発熱する原因

Photo

犬にも人間と同じように個体差があり、平熱が高めな子や低めの子もいます。 また、興奮した際や運動直後、ストレスを感じた際には体温が上昇します。 それ以外で発熱する原因は、以下が考えられます。 ・感染症によるもの ・熱中症によるもの ウィルスや細菌などに感染している場合に、体内の炎症による発熱が見られる場合があります。 ほかには、夏場の散歩など高温での運動や水分不足で熱中症を起こすと、熱の放出が間にあわず、体温がかなり上昇します。 いずれにしても、愛犬が運動後・興奮時以外に発熱している場合には、元気や食欲の有無などほかの症状も観察しつつ、まずは動物病院で受診をしたほうが安心です。

まとめ

Photo

犬の平均体温は、年齢や大きさによって幅がありますが、人間より高めの38℃から39℃です。 犬の体温が上昇する原因は、運動後や興奮時を除いて感染症や熱中症によるものが多いので、体がいつもより熱いなと感じたときや、測定したときに数値が高かった場合には動物病院に連れていくのが無難です。 こういうときのためにも、日ごろから自分の愛犬の平熱を知っていると、安心ですね。

Photo

harago

動物看護士、動物飼育スタッフ、生態販売員として勤務。 現在はドッグライフカウンセラーや愛玩動物救命士などの資格を活かし、webライターとして情報を発信しています。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。