• 躾とトレーニング
  • 2020/10/16

おやつを使った報酬ベースの犬のトレーニング~後編~

Photo

前編ではなぜ、報酬としてごはんやおやつを活用すると良いのかを解説していきました。 後編では具体的なおやつを使った報酬の与え方について解説していきます。

1. 事前に知っておいて欲しい注意点

Photo

1) 犬のトレーニングでは量よりも回数 おやつを使った報酬といっても、ただあげれば良いという訳ではありません。 犬のトレーニングは、最後にまとめてたくさんのご褒美をあげるよりも、少量のご褒美を何回にも分けてあげたほうが効果的です。 例えば、お座りを4回して1個のビスケットをあげるより、お座りを4回してそのたびに4分の1ずつクッキーをあげる方が、摂取カロリーは変わらず4倍行動を強化する(お座りしたら何回も良い事があったぞと覚えさせる)事が出来るのです。 2) おやつも与え続ければその価値は下がる あなたがもし100万円を突然貰ったらどうでしょうか? 多くの方はとても嬉しいと感じるハズです。 その後、毎日100万円受け取ったらどうでしょうか? それが1ヶ月、3ヵ月、半年と続けば、初めて100万円貰った時と同じように大喜びするでしょうか? 毎日貰えば、貰う事が当たり前になり、そのうちに貰えない事が不満になって貰う事を期待しなくなるのでは? ということは100万円の価値が初めてもらった時より下がっていることになりますね。 ワンちゃんも同じで、最初はよろこんでいたおやつも何回もあげ続けると「ご褒美感」がなくなってしまうことが多いようです。 どんな時もおやつをよろこでもらえるように、回数や頻度を工夫してあげましょう。 飼い主が望む行動をした時だけあげるようにして、ワンちゃんにとって「おやつ=魅力的なモノ」になるようにすることがトレーニングでは大切です。

2. おやつの上手な活用方法

Photo

1) 愛犬にとってのおやつの価値を把握する トレーニングをスムーズに行うために、事前にそれぞれのおやつに対してのワンちゃんの好みを知りましょう。 例えば、10段階評価でドッグフードは1だとした時に、クッキーは1個5、ササミは1切れ8、チーズは1切れ10点満点、といった具合です。 こうすることで、ワンちゃんの努力やトレーニングの出来栄えに見合った報酬を与えることが出来るようになります。 ワンちゃんがより苦手なことを乗り越える為に頑張ってくれた報酬は、ワンちゃんにとって10点の価値のあるとびっきりの美味しいおやつをあげることで、ワンちゃんのやる気を上手に活用することができます。 2) タイミングを見計らう ワンちゃんにおやつを与えるタイミングはとても大切です。 望ましい行動の直後にあげる事で、その行動をワンちゃんは学習していきます。 例えば、お座りを教える時は、座った直後におやつをあげる事で座る行動をワンちゃんは学習してくれます。 「お座り」と言って、座ってくれたとしても、もしも立ち上がってからおやつを与えてしまうと、ワンちゃんは立ち上がることでおやつが貰えたと学習してしまいます。 必ず行動の「直後」に与えるようにしましょう。

まとめ

Photo

ここまで、おやつを使った報酬ベースの犬のトレーニングで大切なことをご説明しました。 まとめると、 ・量よりも回数が大切 ・与え方に気を付け、おやつの価値を下げない ・行動の直後に与えるというタイミング この3点に気を付けて、おやつを使ってより良いトレーニングを行いましょう。

Photo

tonton

街でワンちゃんを眺めるのが大好きなアラフォー女子が、コラムに初挑戦! 自身にできる事を模索し、フリーランスに転向。 色々なご縁を大切にワンちゃんたちの幸せを願うドッグトレーナー。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。