• 動画付記事
  • 2020/01/28

子犬がストレスを感じる時はどんなとき?(ドッグトレーナー解説動画付)

Photo

子犬の時期は特にストレスを感じやすい時期とも言われていて、ストレスで体調を崩してしまうことも少なくありません。 人間が良かれとしたことが、子犬にとってはストレスになってしまっているなど、「これってだめだったの?」と思うことが意外と多いものです。 子犬がストレスを感じてしまうのはどんなときなのか、一緒に見ていきましょう。

1. 慣れない環境に身を置いた時

Photo

慣れない環境に身を置いた時は、子犬はストレスを感じやすくなっています。 私たちは子犬を迎えようと思って子犬を迎えたとしても、子犬からしたら知らない人が知らないところに連れてこられた感覚なんです。 今、目の前に居る人たちはどんな人なのか分からない、何をされるかも分からない、といったストレスでいっぱいな状態なのです。 そのため、まずは新しい環境に慣れさせてあげるよう寄添いましょう。 ケージに入れて安心して休める環境を作ってあげたり、静かな場所等でそっとしてあげるようにしましょう。

2. むやみに触られた時

Photo

子犬って小さくてころころしている姿が、愛らしくてかわいいんですね。 子犬を家族に向かえるとついつい触りたくなってしまいますが、何度も触られるのは子犬にとってもストレスになることがあります。 慣れている人からたくさん触ってもらうことは問題ありませんが、どんな人なのか分からない人から触られるのは、子犬にとってストレスになってしまい、体調を崩してしまうことが多いです。 実際にペットショップの子犬たちは、土日などに顔見知りでないたくさんの人に抱っこされると、次の日にはお腹を壊してしまったり、体調不良になることがあります。 知らない人から触られるのは子犬にとってストレスになることを分かってあげて、むやみに触らずそっとしてあげましょう。

3. 大きな音や声が聞こえる時

Photo

子犬はいろいろなことを経験していきます。 その経験の中で、大きな声や物音にびっくりすることがあります。 子犬にたくさんの経験をしてもらい一人前になってもらうには、大きな声や物音に驚かないようになってもらうことは必要ですが、まだ年の浅い子犬にとっては大きな声や物音は慣れるにはまだハードル高いのです。 無理して慣れさせようとすることは、子犬にとってはかなりのストレスになってしまいます。 将来的に大きな声や物音にびっくりして吠え癖がついてしまったり、別のしつけが必要にしてしまうことも…。 子犬にとっても飼い主にとっても大変な思いをすることになってしまうので、子犬の間は、大きな声や物音には気をつけましょう。

ドッグトレーナー小松さんによる解説動画

ドッグトレーナーの小松さんによる解説動画です! ぜひご覧ください!

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。