• ごはん
  • 2020/01/28

犬のフードをナチュラルフードに変えるとどうなる?

Photo

ドッグフードの中でもナチュラルフードは体にいいと言われていますが、すぐにナチュラルフードに変えてしまっても犬の体に負担がかからないのか、心配になることもあるでしょう。 そこでこの記事ではナチュラルフードに変えると犬の体はどう変わっていくのか、ナチュラルフード経験者がお伝えします。

1犬のナチュラルフードが与える影響とは

Photo

犬のドッグフードをナチュラルフードに変えると「毛つやが良くなる」「うんちが柔らかくなる」「涙やけがなくなる」といった変化が見られます。 ここから、それぞれについて説明していきます。

1) 毛つやが良くなる 犬にナチュラルフードをあげると、見た目で分かるくらい毛つやがよくなることがあります。 今までゴワゴワしていた被毛が、犬にナチュラルフードをあげはじめたら触り心地が良くなったなんてこともあります。 もちろん、ナチュラルフードを食べてすぐに毛つやが良くなるわけではありませんが、食べ続けることで変化が目に見えて分かるようになります。 ただしナチュラルフードを食べ続けている犬の中には、フードとの相性が悪く体調を崩してしまう犬もいることに注意しましょう。 その場合は無理せずに、元のフードに戻してあげて下さい。 2) うんちが柔らかくなる ナチュラルフードは基本的には自然な状態でつくられた素材を使っているフードなので、犬の体に良いと言われています。 ナチュラルフードに切り替えた直後はうんちが柔らかくなることがあります。 これは犬の体が新しいフードに対応しようとしている合図なので、焦る必要はほとんどないでしょう。 ただし、うんちが柔らかい期間が1週間以上続く、下痢になるなど明らかに体調不良が疑われる場合は、ただちにナチュラルフードをやめ、動物病院で診察を受けることをおすすめします。 このような場合は、「ナチュラルフードはいいフードだから」とあげ続けず、元のフードに戻してあげましょう。 3) 涙やけがなくなる ナチュラルフードをあげると、急に涙やけがなくなることがあります。 実際に私の愛犬がそうでした。 フードを変えても、病院で診察してもらっても原因特定に至らず、何をどうしていいのか困っていたときもありました。 犬の体は小さい分、少量の化学成分でも敏感に反応することがあります。 フードの保存料などに敏感になって、その成分を体から排出しようとして涙やけに繋がることもあります。 ナチュラルフードにして自然由来の成分を摂取することで、犬の体にいい効果が期待できるので、今までどのフードにしても問題が解決しなかった人は、ぜひ試してみるとよいでしょう。 ~関連記事~

【健康第一】犬用のナチュラルフード2選

愛犬のための手作りおやつ~手作りするメリットや注意点をご説明~

オーガニックドッグフードが体に良い理由とは

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。