• 獣医師さんとの関係
  • 2020/01/27

気になる!ドッグドックと犬の健康診断の違いは?

Photo

健康診断を初めて受けるという飼い主さんは一番気になるのが費用だと思います。 また調べてみるとドッグドックや1日健康診断と何が違うのかわからないことも多いと思います。 もちろんドッグドックのほうが金額は高くなりますが、健康診断とどうしてここまで金額の差が出てくるのか気になりますよね? 費用の平均相場を含め、どんなことを診断してもらえるのかもお伝えできればと思います。

1 犬の健康診断内容ごとにかかる費用の相場

Photo

ここから、ドッグドックと健康診断の違いと費用について説明していきます。

1) ドッグドックと健康診断は何が違うの?

① ドックドック


ドッグドックは1日午前中から午後の診療時間終了あたりの夕方まで犬をお預かりし、


・身体検査

・尿検査

・糞便検査

・血液検査(40項目ほど)

・レントゲン検査

・心電図検査

・超音波検査

を実施しています。



② 健康診断


健康診断は予約が必要な病院もありますが、基本的には通常の診察と同じようにどの時間帯に行っても30~40分ほどで診断してもらえます。


・身体検査

・血液検査(18項目ほど)

・レントゲン検査

・(超音波検査)

を実施します。


超音波検査については必要な場合のみ実施する病院が多いようです。



2) 各診断項目の平均費用

・身体検査¥1,500~¥2,000

・尿検査¥1,000~¥1,500

・糞便検査¥1,000~

・血液検査¥2,000~¥5,000

・レントゲン検査¥2,000~¥7,500

・心電図検査¥2,000~¥5,000

・超音波検査¥3,000~¥5,000

2.犬の健康診断の平均費用

Photo

健康診断やドッグドックを行う際、病院ごとに診断料金が違います。 高いからいいというわけではありませんし、安いからといって適当に診断をしているわけではないので、評判などを飼い主様自らお調べいただくことをおススメします。

1) 1日ドッグドック

検査内容:身体検査、尿検査、糞便検査、血液検査(40項目)、レントゲン検査、心電図検査、超音波検査

実施時間:午前中にお預かり、夕方にお迎え

平均費用:¥12,500~25,000



2) 定期健康診断

検査内容:身体検査、血液検査(18項目)、レントゲン検査、(超音波検査)

実施時間:30~40分ほど

平均費用:¥7,000~¥10,000



~関連記事~

犬の健康診断はどれくらいの頻度でするべき?

犬の健康診断は何歳から受けるべき?検査内容は?

Photo

若山 せいな

プロフィールをご覧いただき、ありがとうございます。 都内在住でWebライターとして活動しています、若山と申します。 ペットシッター士の資格を持ち合わせております。 2019.6より仕事を辞め、ペット系Webライターとして活動し始めました。 今までに犬に関する記事、猫に関する記事、小動物に関する記事や豆知識記事などを執筆してまいりました。 ぜひ楽しんで読んでいってください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。