• ファッション
  • 2020/01/27

愛犬に着せる洋服の生地を選ぶ基準とは

Photo

ペット用品取扱店に足を運ぶと、様々な種類の洋服が販売されています。 たくさんありすぎて、どの洋服を買ったら良いか分からなくなってしまう方も多いかもしれません。 しかし、洋服選びは生地や用途を分かっているとそんなに難しくはありません。 ここでは、季節や用途に合わせて愛犬に着せたい洋服の生地についてご紹介していきます。

1.愛犬に着せたい洋服の生地選びで必要なこと

Photo

1) 伸縮性のある生地を選ぶ 犬は、力いっぱい四肢を動かして走り回ります。 また、中には洋服を素直に着てくれない犬もいます。 そんな時、伸縮性がないと着せるのにも一苦労です。 洋服の生地は伸縮性があるものを選びましょう。 2) 洗濯しやすい生地を選ぶ 犬の洋服も、私たちと同じように洗濯が必要です。 犬の場合、私たちよりも地面の近くを歩くため、洋服が汚れやすく洗濯の回数も多いです。 そのため、洗濯しても型崩れや糸がほつれてしまうことのないよう洗濯しやすい素材を選ぶと、長い間着ることができます。 3) 季節に合った生地を選ぶ 犬の洋服には、季節に合わせた生地を使用した洋服があります。 例えば、夏であれば冷却作用がある生地や、冬であれば防寒などその季節に対応した洋服が販売されます。 季節に合わない洋服を着せると、犬の体調を崩す可能性もあるので気を付けましょう。

2.愛犬に着せたい洋服の生地と用途

Photo

1) 毛の飛び散り防止 ファッション感覚で着せる方も多いですが、ペット可の飲食店などで被毛の飛び散りを防止するために着せている方も多いです。 マナーの一環として着せることもあるので、薄手の生地でも構わないので、毛の飛び散り防止機能のある服を持っていると役立ちます。 2) 冷却効果のある生地 夏の暑さに耐えられるよう冷却効果のある生地を使用した洋服や、蚊避けの洋服なども販売されています。 夏に洋服を着せる場合は、できるだけ体が暑くなりすぎないようにこうした生地の洋服を着せると良いでしょう。 3) 防寒効果のある生地 冬になると、防寒効果のある生地を使用した洋服が販売されます。 室内が暖かい場合は、あえて着せる必要はありませんが、冬のお散歩やお出かけなど外出する際には役立ちます。 とくに、寒さに弱い犬種は着せると体が温まるので良いでしょう。

Photo

ryooooo.co

動物が大好きで、犬2匹、猫2匹と一緒に暮らしています。 動物にまつわる様々な情報をお届けしたいと思っています。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。