• ファッション
  • 2020/01/20

愛犬と飼い主の絆を深めるおしゃれな洋服

Photo

愛犬におしゃれで可愛い洋服を着せると毎回とても喜んでいるように感じますが、犬はカラーやおしゃれなデザインの洋服を着ても色別の判断はできませんし、またデザインも全く理解できないでしょう。 犬が洋服を着て喜んでいる理由を考えてみると、まず飼い主さんが自分に注目してくれて、そして喜び褒めてくれるので犬は最高に嬉しくなると考えます。 このことから犬に洋服を着させることは、結果的に愛犬と飼い主さんの絆を深め幸せに導いているようです。

1.犬の気持ちを理解しおしゃれな洋服を着させよう

Photo

1) 犬に洋服を着させる目的 実は飼い主さんは洋服を犬に着させ自分が楽しんでいるのではなく、室内犬が外に出た時に体が汚れないよう防ぐことも目的であり、その他にも外出先で犬の抜け毛を周囲に飛散させない配慮でもあります。 また、犬の立場で考えてみると寒さや暑さから体を守ってくれるメリットがあり、散歩の際に害虫やダニなども防ぎ感染症の予防に役立つのです。 2) 犬の洋服の選び方 犬に洋服を着させる際は、機能性よりもカラーやデザインなどおしゃれにこだわり過ぎないよう注意が必要であり、選び方の大切なポイントはサイズと着心地です。 犬の体に合わない窮屈なデザインは、犬の歩行やトイレ、座ったりする際の妨げになりストレスを与えてしまいますので、犬の動作を第一に考え、体のサイズに適した洋服を選びましょう。 3) 過度な装飾の洋服は注意が必要 可愛いキラキラ輝く装飾がついたおしゃれ感度の高い犬の洋服は、愛犬の写真撮影などの場面に着させたくなりますが、過度の装飾を使った洋服は思わぬトラブルを引き起こす可能性があります。 例えば、飼い主さんが目を離したときに犬が装飾部分をかじり飲み込んでしまう危険性がありますので、十分に注意しましょう。

2.犬の洋服はおしゃれだけでなく素材機能も大切

Photo

1) 洋服の素材が重要 人間と同様、洋服の素材によっては静電気を起こしたり、蒸れたりなど生理的に都合の悪いものがありますので、できるだけ犬の体に優しい天然素材を選んでください。 2) 機能性も考えよう 雨の日には撥水加工、暑い夏は冷涼機能などロケーションに最適な機能性を備えた洋服もありますので、おしゃれ感と併せバランスよく選んであげましょう。

Photo

hiro190

日々、愛犬とのステキなドッグライフを堪能し、そこから犬のさまざまな能力や行動を探究しながら、新たな犬の魅力発見に感動です。 これからも犬の気持ちに寄り添い、お互いどのような時でも支え合い楽しく生活していけるよう進みます。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。