• 住まい
  • 2020/01/20

快適に犬と暮らす家におすすめしたい床材

Photo

犬や猫などペットの室内飼育があたりまえの時代、犬と暮らす生活は、お互いにとって快適でストレスのかからない心地よい環境が求められます。 その際、とくに注意すべきことは家の床材であり、犬が走り回るとき床面が滑りやすいと足腰に負担がかかり、将来的に股関節を痛めてしまいますので、犬の体に優しい床材が必要です。

1.犬と暮らすためのおすすめの家の床材

Photo

犬と暮らすときはどんな床材がおすすめなのかを説明していきます。

1) 犬にとって理想の床材

犬にとって理想の床材は、走り回っても滑りにくい材質で弾力性が高いなど足腰に負担が少ないものですが、犬は地面を掘る習性があるため爪がひっかからない配慮と床面の耐久性も大切です。


そのため家の床材を選ぶとき、人の都合によって防汚性やお掃除などメンテナンスを優先してしまうと犬が暮らしにくくなりますので、注意ください。



2) 犬と快適に暮らすための床材

人と犬がともに快適に暮らしていくために、おすすめしたい家の床材は「滑りにくい・傷と汚れに強い」の機能性を備えているものです。


具体的には、天然ゴムや合成ゴムなどの「ゴム材タイル」や「軟らかい材質のフローリング」がおすすめであり、弾力性と耐摩耗性、そして衛生面に優れています。


この床材ならば、飼い主さんのニーズである「犬の歩行に配慮と床面のお手入れしやすさ」にも合致します。



3) そのほか犬に適した床材

価格が高くなりますが「御影石や陶器質タイルなどの床材」は防滑性が高く耐久性にも優れ、暑い夏にはひんやり感がありますので、犬に好まれる床材です。


2.犬と暮らすときに注意したい家の床材

Photo

犬との暮らしで必要な床材選びで知っておきたいこと、避けたい床材を説明します。

1) 床材で知っておきたいこと

住宅によく使われる床材のなかには、犬との暮らしに適しているものばかりではありませんので、新築やリフォーム施工を検討する際、注意しておきたい床材は知っておくべきです。



2) 犬のために避けたい床材

「硬い材質のフローリング」は、傷つきにくく掃除もしやすいですが滑りやすいですので、施工は防滑などの仕上げが必要になります。


そのほか「ホモジニアスビニルタイル」も耐摩擦性に優れ掃除もしやすい床材ですが、表面は硬くて滑りやすいので犬には不向きです。



~関連記事~

犬が家のフローリングを傷つける!床の傷対策をご紹介

Photo

hiro190

日々、愛犬とのステキなドッグライフを堪能し、そこから犬のさまざまな能力や行動を探究しながら、新たな犬の魅力発見に感動です。 これからも犬の気持ちに寄り添い、お互いどのような時でも支え合い楽しく生活していけるよう進みます。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

アカウントを作成しましょう

アカウントをお持ちの方はログインしてください。

ログイン/会員登録が必要です。